Alfa Laval - 稼働時間を最大化

熱交換器で発電所の稼働時間を最大化

DuroShell - A heat exchanger to maximize power plant uptime

熱交換器は、発電所で最も疲労が集中するプロセスのいくつかで中心的な役割を果たします。 しかし、よく知られているとおり、一部の熱交換器では要求に対応しきれません。

大型のシェル&チューブ式熱交換器は、長い間電力生産における要求の厳しい用途に使用されてきましたが、現在、より多くの発電所がコンパクトなシェル&プレート式への切り替えを検討しています。 しかし、シェル&チューブ式と同様、従来のシェル&プレート式の設計では、温度と圧力が極端に変化する用途で疲労の問題が発生します。 既に多くのプラントでは、予定外のダウンタイムによる多大な時間と費用の損失が発生しています。

Alfa Laval DuroShellは、これまでとは異なる種類のシェル&プレート式熱交換器であり、独自の内部設計により、最も必要とされる場所で稼働時間を最大化します。 熱交換器プレートには、優れた耐疲労性を実現する特許取得済みのパターンが採用されています。 さらに強度を高めるために全体にレーザー溶接が施され、周囲の素材への熱応力を最小限に抑えながら、極めて正確な溶接を実現します。

市場で最も堅牢な設計を誇るDuroShellへの切り替えは、プラントの最も要求の厳しい用途における信頼性を高めることを意味します。 それが、より頑丈なシェル&プレートと呼ばれる理由です。

稼働時間を最大化

より頑丈なシェル&プレート

シェル&プレート式熱交換器の疲労問題を最小限に抑える方法

温度や圧力が変動する場所での稼働時間を向上させます。

                       ホワイトペーパーを読む                       

 

Alfa Laval DuroShell PowerPackPowerPack

フロー分配の最適化と耐疲労性


特許取得済みの設計により、優れた流体分配、機械的強度、圧倒的な耐疲労性を実現します。 

このユニークな機能の詳細については、アニメーションをご覧ください

Alfa Laval DuroShell RollerCoasterRollerCoaster

堅牢で効率的なパフォーマンス


特許取得済みのプレートパターンにより、優れた耐疲労性、フロー分配、機械的強度を実現し、熱効率を最適化します。 

このユニークな機能の詳細については、アニメーションをご覧ください