Alfa Laval - 電力

DuroShell Power 1920x400

DuroShell – より頑丈なシェル&プレート

電力業界では長い間、ガスケット式プレート熱交換器では対応できないさまざまな要求の厳しい用途において、シェル&チューブ式熱交換器が使用されてきました。 しかし、発電所ではスペースが不足している場合が多く、大型のシェル&チューブ式は多くのスペースを必要とします。言うまでもなく、大規模な設備投資も必要です。

幸いなことに、変化の時が来ました。 Alfa Laval DuroShellは、堅牢、コンパクト、軽量な構造を持つ、特別に設計されたシェル&プレート式熱交換器です。 優れた費用対効果と設置面積の縮小を実現し、より信頼性の高い温度調整を可能にします。

DuroShell 350pix
.

DuroShellを選ぶ理由

発電所では稼働時間が非常に重要です。 プラント全体をオンラインに保つということは、すべての機器が常に期待どおりに機能する必要があることを意味します。 これは、蒸気凝縮から再循環加熱に至るまで要求の厳しい作業を行う熱交換器に特に当てはまります。 電力運転における計画外のダウンタイムを最小限に抑えるため、Alfa Laval DuroShellは優れた耐疲労性と汚れの防止により、信頼性の高いパフォーマンスを実現します。

強度と柔軟性の両立

コンパクトで耐久性に優れたDuroShellは、その独自の強度と効率性により新たな可能性を生み出します。 液体、気体、およびさまざまな腐食性媒体を含む2相混合物で使用でき、その用途の広さは熱交換器の中でも際立っています。 DuroShellは、PEDおよびASMEに準拠した最大100 barg(1450 psig)の圧力と、450°C(842°F)の高温に対応します。

アプリケーションに最適

DuroShellは完全に溶接されており、ガスケットを使用していません。また、堅牢性をさらに向上させる内部機能を備えています。 プレートは316Lステンレススチール製またはチタン製で、圧力容器自体は316Lステンレススチール製またはカーボンスチール製です。 3種類のサイズが用意されており、熱交換面の面積は2〜235 m2(21.5〜2530 ft2)です。

close up of the duroshell plate pattern

シェル&チューブ式から移行する理由

発電所では長い間、2相流体と腐食性流体を扱う場合にはシェル&チューブ式熱交換器が選択されてきました。 シェル&チューブ式熱交換器はガスケット式プレート熱交換器よりも高い圧力と温度を処理できますが、一般に大型で高価なため、最も要求の厳しい用途には適しません。 シェル&プレート式熱交換器は、よりスマートなソリューションを提供します。 比類のない効率と耐久性を備えたAlfa Laval DuroShellは、すべてにおいて最もスマートなソリューションです。

スペースの節約とコストの削減

深刻なスペースの制約に直面する発電所において、DuroShellは従来のシェル&チューブ式と比較して大きな利点をもたらします。 DuroShellは、設計が非常にコンパクトなだけなく、同一ユニット内で蒸気の凝縮と凝縮液の過冷却をする独自の機能があります。 これにより、わずかなスペースでより高レベルな生産が可能になります。

DuroShellは設置面積が小さく軽量な代替品として、投資コストの削減にも貢献します。また、メンテナンス要件を削減して効率を高めることにより、機器のライフサイクル全体で総所有コストを削減できます。

.

利点の紹介

Alfa Laval DuroShellを設置することで、稼働時間を最大化し、コストを削減し、生産能力を拡大する方法を紹介します。
または、シェル&チューブ式から切り替えることで運用上のメリットが得られる理由をご覧ください。

シェル&チューブ式から切り替える5つの理由

Man with safety googles

生産能力を拡大するための変更

熱交換器で発電所の生産能力を向上

Smiling woman wearing a hard hat and giving two thumbs up

コスト削減のための変更

熱交換器で発電所のコストを削減

smiling man with blue hard hat

稼働時間を最大化するための変更

熱交換器で発電所の稼働時間を最大化

power maximize uptime 640x400
.

用途

熱交換器は、電力業界において多くの重要な用途に使用されています。 そして、さらに厳しい条件の下で、より優れた効率性を実現することがますます求められています。 Alfa Laval DuroShellは丈夫でコンパクトなため、スペースを節約しながら新たなプロセスの可能性を生み出します。

boiler_feed_water_heater_600x200.jpg

ボイラー給湯器

タービンステージ間で抽出された蒸気からの熱を使用してボイラー給水を予熱すると、発電所の全体的な効率が向上します。

DuroShellは、この種の用途に適しています。 従来の液体レベル制御システムを使用することで、操作と制御を簡単に行えます。 温度アプローチが小さいため、給水を可能な限り加熱できます。

DuroShellは、コンパクトで熱効率に優れています。 同等のシェル&チューブ式ユニットと比較して最大5倍小さいため、機器および設置構造のコストが低減されます。 凝縮とサブクーリングを1つのユニットで実行できるため、設置スペースとコストをさらに削減できます。

district_cooling_600x200.jpg

地域熱供給

収益の増加

世界中の発電所は、地域暖房のネットワークに廃熱を販売するという新しい収入源を見つけました。 冷却塔で低品質の熱を冷却する代わりに、熱を地域暖房に使用することで収益を増やせます。

最大級の熱回収

DuroShell熱交換器は、非常に小さな温度アプローチで運転でき、1つのユニット内で凝縮とサブクーリングを実行するように構成できます。 これにより熱回収が最大化され、投資コストを最小限に抑えられます。 DuroShellはより多くの熱を回収でき、大型のシェル&チューブ式に比べてわずかなスペースしか占有しません。

ORC_600x200.jpg

ORCアプリケーション

DuroShellは、有機ランキンサイクル(ORC)アプリケーションで使用した場合に、シェル&チューブ式熱交換器よりも魅力的な回収期間を実現します。 リボイラーおよびコンデンサーとして使用できます。

ORCコンデンサー

DuroShellの短い熱交換により圧力損失が少なくなり、ポンピングの必要性が最小限に抑えられます。 その熱交換機能によってユニットがコンパクトになり、同一ユニット内での蒸気の凝縮と凝縮液の過冷却が可能になります。 これにより、設置コストが削減されるだけでなく、下流にフラッシュガスが発生するのを防ぐことができます。

Gas_flow_600x200.jpg

燃料ガスヒーター

ボイラーの最適な性能を確保するためには、液体ボイラー燃料を予熱することが重要です。 燃料の粘度を下げてより均一に分配し、可燃性を高めます。

多くの場合、予熱は電気ヒーターを使用して行われます。 より経済的な方法は、低圧蒸気や高温の凝縮液などの廃熱を使用することです。

DuroShellは、このような用途に最適です。 優れた効率性により廃熱のほとんどは燃料の流れに移り、大きな乱流によって汚れやメンテナンスの必要性が最小限に抑えられ、稼働時間の向上につながります。

gland_steam_condenser_600x200.jpg

グランドスチームコンデンサー

DuroShellは、グランドスチームコンデンサーとして使用した場合に大きな利点があります。
第一に、熱交換効率が高いことから非常にコンパクトなため、設置コストを低く抑えられます。

第二に、クロスする温度条件で運転でき、温度アプローチが小さいことから、シェル&チューブ式熱交換器よりも使用する冷却水が少なくて済みます。

これらの利点は、複数のグランドスチームコンデンサーを備えた大規模な発電所においては大幅な節約につながります。

Auxiliary_600x200.jpg

補助アプリケーション

DuroShellは、発電所のさまざまな補助用途に適しています。 これは、耐疲労性、耐久性、優れた熱交換、コンパクトなサイズが重視されるあらゆる用途において自然な選択です。

1つの例は、ボイラーブローダウンクーラーです。 これらの熱交換器は、疲労を誘発する急激な温度変化の影響を受けます。

DuroShellは、最大級の耐疲労性を実現するように設計されており、温度による疲労に対する耐性が他のタイプの熱交換器と比較して最大2倍優れています。

DuroShellはサイズがコンパクトなため、設置コストが低く、簡単に設置できます。

.

ケースストーリー

スウェーデンの再生可能エネルギー企業

Jämtkraft Lugnvikの熱電併給プラントにおいて、稼働時間の向上、エネルギーコストの削減、環境規制へのコンプライアンスの強化を実現。

renewable energy power plant building

フランスの発電所を効率化

フランスのエネルギー会社は、DuroShellを複合サイクル発電プラントのボイラー給水予熱器として設置して、プラント全体の効率を4%向上させました。

french-power-case 640x360

発電所のスチームコンデンサー

Alfa Laval DuroShellは、設置面積を削減し、蒸気タービンの効率を高める必要があったフランスの発電所にとって最適なソリューションでした。

steam towers at a powerplant

複合サイクル発電所の空気予熱器

シェル&チューブ式の代わりにDuroShellを使用することにより、電力会社は容易に設置できる非常にコンパクトなソリューションを入手できます。

powerplant reflected of a lake at sunset

ボイラー給水の予熱

同社がDuroShellを選択した主な理由は、コンパクトなサイズと高い熱効率でした。

four towers at a power plant

シェル&プレート式熱交換器の疲労問題を最小限に抑える方法

温度や圧力が変動する場所での稼働時間を向上させます。

Alfa Laval engineer repairing machinery
.

ユニークな機能

PowerPack™

フロー分配の最適化と耐疲労性

特許取得済みの設計により、優れた流体分配、機械的強度、圧倒的な耐疲労性を実現

もっと詳しく

RollerCoaster™

堅牢で効率的なパフォーマンス

特許取得済みのプレートパターンにより、優れた耐疲労性、フロー分配、機械的強度を実現し、熱効率を最適化

もっと詳しく

CutWing™

軽量化と信頼性の向上

アルファ・ラバル独自のCutWingプレートにより、シェル内のマルチパスが可能になり、外部配管が不要なことから、よりコンパクトで設置が簡単なユニットを実現

もっと詳しく

.

専門家に相談

DuroShellがお客様にもたらす利点をご紹介し、お客様の運用を改善する方法を提案いたします。

Alfa Laval engineer repairing machinery

LinkedInのアルファ・ラバルエネルギーニュース

お客様が一歩先を行くために必要なソリューションをご紹介する、アルファ・ラバルのショーケースページです。

Alfa Laval Energy showcase page on Linkedin