最も厳しい要求に応えるコンパクトな性能

船舶の熱アプリケーション向けのAlfa Laval DuroShell

最新の船上用途において、熱交換器には厳しい要求が伴います。 乗組員は、極端な圧力と温度範囲の条件下で確実に機能する機器をますます必要としています。 同時に、これらの熱交換器は船のより小さなスペース制約に適合しながら、より高い熱効率を提供する必要があります。

今日の要求の厳しい海洋ガスアプリケーションには、Alfa Laval DuroShellがあります。 DuroShellは、高圧サイクルまたは-196°Cという低い温度での作業に耐えるようコンパクトに設計されており、従来のシェル&プレート設計を含むその他の熱交換器よりも優れたパフォーマンスを発揮します。 それが「より頑丈なシェル&プレート」と呼ばれる理由です。 

.

船内のスペース制約に対応するコンパクトなソリューション

ほとんどの船舶においてスペースは貴重な存在であり、多くの場合、機器を追加する際には配置と設置に関する問題が発生します。 これらの問題に対処するため、DuroShellはその他のタイプのシェル&プレート式ユニットを含む従来の海洋ガス産業用の熱交換器よりもはるかに小さい設置面積で設計されています。

DuroShellユニットは、アルファ・ラバル独自のカットウィングプレートにより、シェル内のマルチパスが可能になったことで、従来の設計よりも小型で軽量になりました。 DuroShellはスキッドに簡単に収まるため、設置もはるかに簡単です。 さらに、DuroShellは垂直と水平の両方で設置できる唯一のシェル&プレート式熱交換器であるため、さらに多様な方法で船内スペースを大幅に節約できます。 

SpaceSaving 640x400
.
EnergyEfficiency 640x400

より効率的な熱性能を実現するユニークな機能

エネルギー効率の改善はあらゆる産業において重要事項であり、海洋産業も例外ではありません。 燃料消費量を削減してより多くの排熱を回収できる、信頼性の高い効率的な技術を持つことがこれまでになく重要になっています。

機械的強度の向上に加え、各DuroShellユニットに備わったアルファ・ラバル独自の機能も熱性能の向上に貢献します。 一例として、ローラーコースタープレートパターンがあります。これにより乱流が増大することで、小さな設置面積でも効率が高まります。 その他の機能には、アルファ・ラバル独自のPowerPack™分配チューブがあります。この機能により、カットウィングプレート表面全体を最適に使用できます。

これらの機能は、最初からより効率的な熱交換を保証するだけのものではありません。 汚れのリスクを軽減し、従来のシェル&プレート設計では実現できない長期的な効率を提供します。

.

より頑丈なシェル&プレート

LNGの気化など、難易度が高い海洋ガスの用途に使用される熱交換器は、厳しい条件下にさらされます。 圧力と温度の頻繁かつ極端にな変化により機械的ストレスが発生し、時間の経過とともに機器の故障につながる可能性があります。 このような用途には、最も堅牢な技術が必要とされます。

難易度が高い熱交換アプリケーションにおける長年の経験に基づき、アルファ・ラバルはまさにこれらの問題を念頭に置いてDuroShellを開発しました。独自のレーザー溶接構造とローラーコースタープレートパターンやPowerPack™分配チューブなどの機能により、比類のない機械的強度を実現しました。 そのため、DuroShellのストレスへの耐疲労性は、その他の従来の熱交換器や従来のシェル&プレート設計よりもはるかに優れています。

船舶向けアプリケーションにおいて、DuroShellは最大100 bar*の圧力サイクルを繰り返し処理しながら、信頼性の高い効率的な熱性能を実現します。 また、燃料ガス供給システムの大きな温度差に耐えることができ、

-196°Cの低温から350°C*の高温まで対応できます。 凍結による破壊が特に懸念されるLNG向けの用途において、DuroShellは170°C以下の入口温度での確実な耐凍結性が確認されています。

*正確な圧力と温度の許容値は、特定のアプリケーションに応じて異なります。 詳細については、アルファ・ラバルの担当者にお問い合わせください。

Robustness 640x400