WideGap

アルファ・ラバルワイドギャップ熱交換器は、繊維質の多い液体、高粘性流体、固形物を含んだ流体に適しています。ワイドギャップ熱交換器の一般的な用途は、製糖、バイオエタノール、紙・パルププロセスです。ワイドギャップ熱交換器は、お客様の仕様に応じて、プレート間隙を最適に設計できます。これにより、加熱器、冷却器、予熱(熱回収)器に適した熱交換器になります。

Tailor-made

専用設計ワイドギャップ、プレート式熱交換器は繊維分を含む流体や、粘度の高い流体を扱う用途向けに設計されております。プレートの入り口部分は繊維分が詰まりにくいように滑らかな構造になっています。

アルファ・ラバルのワイドギャップ熱交換器はメンテナンスを容易にするために以下の2通りのガスケット取付け方法を準備しています

  • クリップグリップガスケット - 接着剤を使用せず取付取り外しが容易な上、ガスケットは定位置に取付が可能でメンテナンスが容易です。
  • 接着式ガスケット - エポキシ接着材による強固な接着性能により洗浄中にガスケットが外れにくい特長があります。

さらに、熱交換器フレームは分解、組立が容易な構造になっています。遊動フレームのガイドローラー、締付ボルトのベアリングボックス、強化ハンガー付プレート、などがメンテナンスを容易にします。

ワイドギャップ熱交換器はご使用条件が変更になった場合でもプレート組み換えや枚数変更で対応できるケースがあります。

Our team’s expertise and the availability of parts bring you peace of mind.

Peace of mind

 

安心のサービスネットワーク

service network 

Features and benefits

  • Maximum uptime for fouling applications
  • High energy efficiency
  • Flexible configuration
  • High serviceability 
  • Access to Alfa Laval’s global service network

動作原理

The heat transfer area of a gasketed plate-and-frame heat exchanger consists of a series of corrugated plates, assembled between the frame and pressure plates, which retain the design pressure. The sealing between the plates is made of gaskets. For the highest thermal performance and to enable a very close temperature approach, fluids normally run counter-currently through the heat exchanger. The WideGap heat exchanger is tailor-made to handle fibrous fluids, highly viscous fluids, and fluids containing coarse particles. Because of the plate pattern and pressing depth design, these fluids flow easily through the heat exchanger.

High flow turbulence between plates results in higher heat transfer; however, the consequence is pressure drop. Our thermal design engineers will help you design and select the model and configuration that is suitable for your application needs while delivering maximum thermal performance and minimizing pressure drop.

The WideGap heat exchanger can be configured in many ways. The channels can have either a wide/wide gap or a wide/narrow gap with different channel gaps. WideGap heat exchangers are usually configured as multi-pass in order to ensure enough turbulence.