Alfa Laval - AlfaCond

AlfaCond

アルファ・ラバルのプレート式コンデンサー「AlfaCond」は、濃縮晶析装置の真空コンデンサー、燃料エタノールプラントのエタノール凝縮器、小規模発電設備のタービン復水器などの用途に最適です。

Alfa Laval AlfaCond condensers

アルファ・ラバルのプレート式コンデンサー「AlfaCond」は、低圧蒸気を凝縮させて液体にする用途に向けて特別に設計された世界初のプレート式コンデンサーです。AlfaCondは大きさがAlfaCondの約3倍にもなる従来のシェル&チューブのコンデンサーだけしか使用できなかった用途に対して、コンパクトに据え付けることができる高効率のコンデンサーとして、重要でかつ新しい市場を開拓しました。

AlfaCondプレート式コンデンサーは、濃縮晶析装置の真空コンデンサー、燃料エタノールプラントのエタノール凝縮器、小規模発電設備のタービン復水器などの用途に最適です。

現在ではAlfaCondはさまざまな産業で伝統的に利用されている直接式のコンデンサーや大型のシェル&チューブ式コンデンサーに代わり、使用されるようになってきました。

Benefits

  • Optional sub-cooling of condensate and non-condensable gases
  • Flexible configuration
  • Easy to install
  • High serviceability 
  • Access to Alfa Laval’s global service network

動作原理

AlfaCond plate condenser

The heat transfer area of a gasketed plate-and-frame heat exchanger con sists of a series of corrugated plates, assembled between the frame and pressure plates, which retain the design pressure. The sealing between the plates on the AlfaCond alternates between laser welds and gaskets. It has a unique porthole configuration that is specifically designed for vacuum condensation. Vapour condenses in the welded channel and the cooling water passes through the gasketed channel.

The channel gap size is asymmetric with a larger gap on the vapour side and a smaller gap on the cooling water side. The result is a very low pressure drop on the vapour side and high velocity and turbulence on the cooling water side. Together, these maximize heat transfer efficiency and minimize fouling.