ガスケット&フレーム式熱交換器

アルファ・ラバルは「標準」では妥協しません。 多目的の産業用途、例えば冷凍および困難なプロセス、食品、乳業と飲料、医薬品用途、または、凝縮、蒸発、繊維状媒体などです。上記のいずれであろうとも、お客様のコストを削減し、効率と安全性を高めます。

最新のご要求に対応できるガスケットプレート式熱交換器

  • 最高の熱効率と接近した温度アプローチ
  • コンパクトなユニット - 省スペース、サービスとメンテナンスが簡単
  • 稼働時間の最大化 - ファウリング、ストレス、摩耗、腐食が少ない
  • 柔軟性 - 変更された設計条件に容易に適応

産業用途向け

幅広い用途の産業用ガスケットプレート式熱交換器は、あらゆる産業において、加熱、冷却、熱回収から凝縮および蒸発といったさまざまな用途に適しています。

.

新しい基準の需要

世界で最新のガスケットプレート式熱交換器をご紹介します。 当社の新しいガスケットプレート式熱交換器は、より大きな効率、信頼性、保守性をもたらします。

.

プレートおよびガスケット技術

波形のプレートの設計で、熱交換が最適化されています。ある液体や気体から、別の液体や気体に熱を引き込むことができる、高い能力でコンパクトな伝熱面積を提供するという仕組みです。

プレートの熱交換領域は、波形のヘリンボーンパターンでプレスされています。 2枚のプレートが対向するヘリンボーンパターンで重ね合わされている場合、らせん状の流れと高い乱流により、高い伝熱係数と効果的な自己洗浄が行われます。

波形パターンの変更により、流体が非常に汚れている場合など、さまざまなプロセスで使用できます。

t25 plate 960x480

ディストリビューションエリア

 

プレート分配部により、プレート全体に均一な流体の流れが確保され、熱交換機能が最大化されます。 最適化されたディストリビューションエリアで、汚れや不均一な温度ゾーンを削減するため、不必要なエネルギー損失やメンテナンスコスト、または計画外の停止がなくなり、長期間にわたってパフォーマンスレベルを高く保てます。

ガスケットは、熱交換器の性能における重要な部品です。 最適なシールを確保するために、ガスケットとプレートを1つに設計しています。 それぞれが熱交換器の役割に合わせて調整されています。 プロファイル、幅、厚さ、ポリマーの種類とコンパウンドが正確で、早期の漏れやガスケットやプレートの損傷のリスクを回避でき、劇的な変化をもたらします。 お客様のメリットとしては、ガスケットの寿命の延長、ダウンタイムの短縮、メンテナンスコストの削減が挙げられます。

Gasket profile

Gasket glue

特殊プレートタイプ

ダブルウォールガスケットプレート式熱交換器

危険な2液混合を避ける流体で使用するために設計されています。 漏れている液体が他の流路の液体と接触するのを防ぎます。

ワイドギャッププレート

繊維または詰まりやすい流体を含む液体に最適です。 入口エリアでの固形物の橋渡しを排除するように設計されています。

WideGapプレート熱交換器の詳細

半溶接プレート

腐食性がある難しい流体の取り扱いを可能にし、圧力範囲を広げます。

半溶接プレート式熱交換器の詳細を見る

Diabon®グラファイト非金属プレート

グラファイトとフッ素樹脂の複合材料には、腐食性材料に対する耐性に優れています。

Diabon グラファイトプレートの詳細を見る

.

ガスケットプレート式熱交換器の原理と仕組み

プレート式熱交換器の原理は比較的単純です。つまり、ある流体と別の流体との間で熱を伝達することにより、その流体を加熱または冷却します。

ガスケット付きプレート式熱交換器では、プレートにガスケットが取り付けられており、これによりチャネルが密閉され、流体が伝熱部に導かれます。 プレート・パックはフレームプレートとプレッシャープレートの間に組み込まれ、これらのプレートの間に取り付けられた締め付けボルトで所定寸法に締め付けていきます。 チャンネルプレートとプレッシャープレートは、上部のキャリングバーから吊り下げられ、下部のガイドバーによって所定の位置に固定されています。どちらも支柱に固定されています。 この設計により、(プレートの取り外しまたは追加による)簡単なクリーニングと伝熱面積の変更が可能になります。

How does a plate heat exchanger work?

ガスケットプレート式熱交換器は、圧力を保持するためにフレームと波形プレートで構成されています。 ガスケットはプレート間のシールとして機能します。 通常、流体は対交流で流れ熱交換します。 これにより、最も効率的な熱性能が得られ、非常に近い温度アプローチが可能になります。つまり、出ていくプロセス媒体と入ってくるサービス媒体の温度差です。

一定の温度にあげたくない流体または粘性の媒体の場合、並行流を使用することも可能です。 これにより、媒体が過熱または凍結するリスクが最小限に抑えられます。

さまざまなプレス深さ、山形パターンの角度、さまざまな波形形状のプレートが用意されており、すべて最適なパフォーマンスを実現するため設計されています。 用途に応じて、各製品範囲には固有のプレート機能があります。

分配エリアにより、流体が熱交換面全体に均等に分配され、ファウリングを引き起こす可能性の部分の回避に役立ちます。

プレート間の乱流が大きくなると高い熱交換が出来ますが、その結果、圧力損失が高くなります。 当社の熱設計エンジニアは、お客様が用途に適したモデルと構成を設計、選択するとともに、最大の熱性能を実現し、圧力損失を最小限に抑えるお手伝いをします。

ダブルウォールガスケットプレート式熱交換器

衛生用途

特定の用途

お問合せフォーム

見積り依頼 ガスケット&フレーム式熱交換器

お問合せ項目