Alfa Laval - GLX

GLX

アルファ・ラバルのプレート式熱交換器GLXシリーズは、厳しい運転条件のアプリケーションの要求を満たすために、より柔軟な方法を提供します。GLX熱交換器の独自のオープンインレット設計は、可能な限り低い圧力損失を確保しながら媒体流量を最大化します。モジュールとして納入されるGLX熱交換器は、大規模なシステムに簡単に組み立てることができ、性能効率を最適化するのに役立ちます。

GLX 640x360

ガス・ツー・リキッドによる効果

  • 低圧側にオープンインレット/アウトレットを備えたクロスフロー配置により、ガス媒体での作業時に可能な限り低い圧力損失を実現
  • 熱疲労による故障の危険性がなく、750℃までの高温をサポート
  • 非常に高い性能を持つ非対称容積流量に対応
  • モジュール設計により大規模システムでの柔軟なフロー構成が可能

アルファ・ラバルは、この点を正確に考慮した気液混合熱交換器GLXシリーズを開発しました。このシリーズは、ガス側の高流量を可能にするクロスフロー配置を特徴としており、入口と出口が完全に開くように設計されています。圧力損失を抑えるだけでなく、洗浄が容易になるため、メンテナンスによるダウンタイムを最小限に抑えることができます。GLXシリーズは結露用途に非常に適しています。

.

動作原理

アルファ・ラバルの気液熱交換器は、薄い波形のステンレス鋼プレートを使用して、ある媒体から別の媒体への熱伝達を提供します。銅ろう付けはプレートパック内の媒体を密封し、熱伝達に積極的に寄与する表面のみで構成される高効率の熱交換器をもたらします。プレート間の接触点もろう付けされており、圧力および温度疲労に対する耐性が向上しています。 プレート間に形成されたチャネルの配置により、媒体が向流パターンで代替チャネルを通過することが保証され、熱伝達の効率がさらに最適化されます。一方のチャネルはもう一方のチャネルよりもはるかに大きいため、ユニットは非常に大きな体積流量を処理できます。

.

ご購入に向けて

GLX製品ラインがお客様のビジネスにどのようにお役に立てるかご興味をお持ちいただけましたでしょうか?当社の気液分離技術ポートフォリオの概要をダウンロードして弊社のテクノロジーをご覧ください。また製品構成情報や技術仕様もご覧いただけます。

gl glx folder 640 360

ご視聴ください

フットプリントが非常に小さい効率的なテクノロジーとして、アルファ・ラバルのGLプレート熱交換器をプロセス全体の位置で使用できます。こちらの動画でその性能をご確認に下さい。

加熱冷却技術の最新情報

アルファ・ラバルは、長年にわたる熱交換の経験から得られた専門知識をもとに現在の加熱冷却技術が直面する課題に対して知識豊富なリソースをご提供しています。 エネルギー効率から自然冷媒まで、複雑な問題のすべてに対する答えをご紹介します。また、用途に適した技術を簡単に検索できるツールもご用意しています。

heating cooling-hub-vignette-2021
.

お問い合わせください

ガス冷却アプリケーションにより多くの処理能力をお求めですか?
アルファ・ラバルのガス・ツー・リキッドプレート式熱交換器のポートフォリオを今すぐお問い合わせください。
当社の専門家がお客様のニーズに合わせて最適なモデルをお探しします。

プライバシーポリシーへの同意

ご記入いただいた個人情報は当社のプライバシーポリシーに従って保存および処理されます。