Alfa Laval - AC

AC

銅ブレージングプレート式熱交換器 ACシリーズは、従来の熱交換器とは異なり、製品の全体が伝熱効率の高い伝熱面で構成されています。ACシリーズは、空調、冷凍、チラー、給湯等の幅広い用途に使用されています。

heat exchanger

ブレージングプレート式熱交換器は、冷凍装置で幅広く使用されています。通常は、一次流体である冷媒と二次流体の水またはブラインの熱交換を行うために使用されます。
アルファ・ラバルの銅ブレージングプレート式熱交換器ACシリーズは、主に以下の用途で使用されています:

  • 直膨式の水冷却用エバポレーター
  • 水冷コンデンサー
  • 一部の熱を回収して水を加熱するデスーパーヒーター
  • 液冷媒の冷却および冷媒蒸気の過熱を行うエコノマイザー

また、以下の装置としても機能します:

  • 井戸水を使用して液冷媒の冷却を行うサブクーラー
  • 希釈液予熱と濃縮液予冷を行う吸収システムの溶液熱交換器

動作原理

ACシリーズ

HVACアプリケーションに使用されるブレージングプレート式熱交換器は、通常、並列フローを使用して最も効率的な熱伝達を実現します。シングルパス設計では、すべての接続が熱交換器の片側に配置されているため、設置が非常に簡単です。

代替チャネルパターン

エバポレーターとして使用する場合、波形プレートとコーナーの間に形成されたチャネルは、2つの媒体が常に反対方向に交互のチャネルを通って流れるように(向流)配置されます。二相冷媒(蒸気+流体)は、ユニットの左下から入ります。蒸気の質は、冷凍プラントの運転条件によって異なります。

乾式膨張

液相の蒸発はチャネル内で起こります。ある程度の過熱は常に必要であり、このプロセスは「乾式膨張」と呼ばれます。濃い青と水色の矢印は、冷媒接続の位置を示しています。冷却される水(塩水)は、反対側のチャネルを向流で流れます。濃い赤と薄い赤の矢印は、水(塩水)接続がどこにあるかを示しています。

コンデンサーとしてのACライン

コンデンサーとして使用する場合でも、主要装置はエバポレーターと同じです。冷媒は左上から高温ガスとして入り、チャネルの表面で凝縮し始めます。完全に凝縮すると、「自由凝縮」と呼ばれるプロセスでわずかにサブクールされます。濃い青色の矢印と水色の矢印は、塩水接続の位置を示しています。冷媒は反対側のチャネルを向流で流れ、冷却されます。濃い赤と薄い赤の矢印は、冷媒の接続がどこにあるかを示しています。