Alfa Laval - Aalborg EX

Aalborg EX

Alfa Laval Aalborgは、船舶向け熱媒油システムの供給における世界市場のリーダーです。 Aalborg EXは、排ガスから排熱を回収するための強制循環式竪型ヒーターです。

thermal fluid system

バーナーと制御システムを完備した熱媒油ヒーターユニットのエンジニアリングと製造に加えて、Alfa Laval Aalborgは以下の機器を提供しています。

  • サーキュレーション
  • バルブ
  • 膨張タンク
  • ダンプクーラー
  • タンク洗浄ヒーター
  • 熱交換器
  • 電気ヒーター
  • 熱媒加熱式蒸気ボイラー
  • スペアパーツ一式

安全および制御システム

Alfa Laval Aalborgの熱媒油システムには、自社開発されたPLC操作の制御盤が付属可能です。この制御盤の12インチのタッチスクリーンを通して、オペレーターは完全な加熱システムとその状態の明確な概要を知ることができます。通信用に異なる種類のフィールドバス接続を用いており、2つ目のタッチスクリーンの接続および/またはシステムを中央アラームへ接続させることが非常に容易となっています。

 

 

特徴と利点

  • 排ガスから排熱を回収するための強制循環式竪型ヒーター
  • 低圧力損失設計
  • ご要望に応じて、統合された排ガス入口・出口ボックスを装備
  • 裸管チューブコイル
  • 統合排ガスバイパスダンパー(最大80,000 kg /h排ガス流量)オプション
  • 非稼働中および消防中の煤洗浄用に上部に取り付けられた水洗浄システム
  • 排ガス入口に取り付けられた運転中の煤洗浄システム

設計データ

  • 容量:100~5,000 kW
  • 設計圧力:10/13 bar(g)
  • 熱媒油設計温度:300ºC

動作原理

船舶の熱媒油システムは、燃料油タンク、セパレーター、燃料ヒーターなどのさまざまな種類の熱消費機器に熱を供給し、ビチューメン、石油製品、化学薬品などのあらゆる種類の貨物を加熱するために用いられています。

熱媒油システムは、また、タンク洗浄システム、蒸気発生器、セントラルヒーティングシステムなどにも使用されています。熱媒油システムでは、生成された熱は、通常は鉱物油である熱媒油によって船の熱消費機器に伝達されます。ポンプは閉じたシステムを通して熱媒を循環させ、燃料油焚きヒーターとエコノマイザーを通過させます。

熱媒はプロセス全体を通して液相のままであり、可能な限り低い圧力で高温を可能にします。システムのシンプルさと油の保存性により、非常に信頼性が高く、メンテナンスの少ないソリューションとなっています。このシステムは操作が簡単で、システム設計により熱媒油の寿命が長くなっています。

造船所にとっての利点

  • 迅速で専門的なご提案
  • 完全に設計されたシステムソリューション
  • 熱媒油テクノロジーにおける30年以上の経験
  • コア製品の自社生産
  • インストールするコンポーネントの数が限られているシンプルなシステム
  • 必要なすべてのシステムコンポーネントの提供
  • 設置スペースの小さいコンパクトなヒーター
  • タンク内の小型な加熱面
  • ご紹介の広範なリスト

船主にとっての利点

  • 低圧で高温
  • 全自動安全システム
  • 低燃料消費
  • 簡単な操作
  • 低いメンテナンスコスト
  • 最適なシステム設計による熱媒油の長寿命
  • オルボルグ・インダストリーズ・グループの完全で革新的な機能
  • 統合されたPLC制御とエネルギー
  • 管理システム(EMS)
  • グローバルアフターセールスサポートネットワーク