Alfa Laval - Aalborg OS-TCi

Aalborg OS-TCi

重油燃焼Aalborg OS-TCiは高効率のボイラーで、目的は蒸気生産です。高効率で使いやすい自己洗浄と、環境に優しい保守ができるように設計されています。

boilers

Aalborg OS-Tciの目的は蒸気生産で、重油燃焼Aalborg OS-TCi(以前の名称はMISSION OS-TCi)は、事前組立てされた竪型ボイラーユニットとして供給されます。

ボイラーに使用されているTCi(Turbo Clean, intelligent)技術は、最高水準の自己洗浄を可能にし、わずかに残る保守作業は容易であり、環境への影響を軽減します。

Aalborg OS-TCiの特徴とメリット

  • 重油燃焼による蒸気の生産
  • 高効率で、水洗不要の自己洗浄を行うTCi(Turbo Clean, intelligent)技術
  • 設計圧力: 10 bar(g)
  • 能力: 750~8,000 kg/h
  • 信頼性
  • ターボ自己洗浄
  • 環境に優しい保守
  • 使いやすいバーナー構造
  • 将来向けのインテリジェント制御
  • スクラバーとの調和

動作原理

この信頼性が高く高効率のボイラーは、螺旋管を使用して作られており、使いやすい統合型の圧力噴霧バーナーに特徴があり、Aalborg Control Touch(以前の名称はMISSION Control Touch)システムにより制御・監視されています。

 

Alfa Laval Aalborg圧力噴霧バーナー - Aalborg KBM

Aalborg KBMバーナーは、Aalborg OS-TCiおよびOC-TCiボイラーの連続変調動作に対応した圧力噴霧バーナーです。このバーナーは、安定した燃焼の維持に役立つため、伝熱効率の向上と伝熱面の付着物の低減に寄与します

設計データ

  • 熱出力: 最大5.6 MW
  • 蒸気生産能力: 1.2~8.0 t/h
  • 設計圧力: 最大10 bar(g) 

船舶の種別

  • コンテナ船
  • ばら積み貨物船
  • クルーズ船
  • フェリー