Alfa Laval - Aalborg OL

Aalborg OL

Aalborg OLは大容量の重油燃焼蒸気ボイラーで、最適燃焼条件が得られるよう設計されています。

Marine boiler

Aalborg OLの目的は、蒸気または温水の生産で、重油またはガス燃焼Aalborg OL(以前の名称はMISSION OL)は2ドラム型竪型丸ボイラーとして供給されます。

その炉は、メンブレンウォールで作られており、最適燃焼条件が得られる構造になっています。

Aalborg OL製品の特徴とメリット

  • 2ドラム型水管丸ボイラー
  • 事前組立てされた標準モジュール
  • 画期的なPLCベースの制御システム
  • 天井燃焼型のコンパクトな構造
  • メンブレンウォール構造
  • 高温特性を有する軟鋼製
  • 統合型蒸気噴霧バーナー
  • 炉の底部にある保護層の耐熱材料を低減可能

 

動作原理

伝熱面は、曲がったピンが付いたまっすぐなピンチューブで構成されており、高い伝熱係数と低い圧力損失が得られます。メンブレンウォールの外側に設置された降水管により、循環を確実なものとします。

 

 

2つの設計圧力が選択できます。2ドラム型丸ボイラーの構造上の特徴は、水ドラムと蒸気ドラムを直接直管で接続している点です。これにより、加熱と、それによる管の焼損の恐れなく安全な循環が可能になります。

頑丈に作られている炉は、気密で多角形のメンブレンウォールパネルがあるため、ガス脈動に抵抗力があります。一体型バーナー構造により、炉の底面と出入口の周りにある保護層の耐熱材料が減少されています。

Alfa Laval Aalborg蒸気噴霧バーナー - Aalborg KBSD

Aalborg KBSD蒸気噴霧バーナーは、当社の天井燃焼型ボイラーに搭載して使用するためのもので、事前に取り付けられて納入されます。動的な風箱により、圧力損失を低下させ、低負荷で安定した燃焼を可能にします。バーナーの取付金具はすべて、据付と保守が容易になるように配置されています。

  • 熱容量範囲: 1.7~46.6 MW

 

設計データ

  • 熱出力: 8~38.8 MW
  • 蒸気生産能力: 12.5~55 t/h
  • 設計圧力: 9 bar(g)または18 bar(g)

 

船舶の種別

  • VLCCタンカー(大型原油タンカー)
  • スエズマックスタンカー
  • アフラマックスタンカー
  • パナマックスタンカー
  • FPS(浮体式生産システム)ユニット