Alfa Laval - Aalborg D-type

Aalborg D-type

Aalborg Dは、二胴水管型蒸気または温水用ボイラーで高性能の油焚き船舶向けボイラーです。このボイラーは、製品寿命を通じて高い信頼性と低いメンテナンスコストを提供します。

boiler

Aalborg Dは、最大120 t/hの蒸気容量範囲を備えた高性能の油焚き船舶向けボイラーです。

Aalborg Dは、蒸気または温水用ボイラーで、油・ガスの二元燃料焚きが可能で、縦型二胴水管ボイラーです。

このボイラーは、カーゴポンプタービン用の蒸気を必要とするタンカー設備、加熱器、タンクの洗浄、およびイナートガスの生成に特に適しています。

Aalborg D製品の特長と利点

  • 標準の中圧水管ボイラー
  • 二胴水管型ボイラー構成
  • 水平燃焼ガスパス
  • 簡単にインストールできる完全なユニット
  • ピンチューブまたはベアチューブの利用が可能
  • 蒸気噴霧式バーナーを推奨

動作原理

Aalborg Dボイラーは、実績のある2ドラム型でD型構造を有し、蒸気生産能力が最大120 t/hの標準的なサイズに作られています。

Aalborg Dボイラーは、蒸気・水ドラムを蒸発管群に接続した構成になっています。その炉はメンブレンウォールでできており、完全水冷式の気密炉になっています。ドラムに溶接された大型の無加温外部降水管により、水の自然循環が大きな循環比で起きます。

その炉はメンブレンウォールで作られており、耐熱材料は少ししか必要としません。伝熱面は、裸管、または、曲がったピンが付いたまっすぐなピンチューブのいずれかで構成されており、高い伝熱係数と低い圧力損失が得られます。メンブレンウォールの外側に設置された降水管により、循環を確実なものとします。

Alfa Laval Aalborg蒸気噴霧バーナー - Aalborg KBSD

Aalborg KBSD蒸気噴霧バーナーは、当社の天井燃焼型ボイラーに搭載して使用するためのもので、事前に取り付けられて納入されます。動的な風箱により、圧力損失を低下させ、低負荷で安定した燃焼を可能にします。バーナーの取付金具はすべて、据付と保守が容易になるように配置されています。

  • 熱容量範囲: 1.7~46.6 MW

設計データー

  • 蒸気生産能力: 25~120 t/h
  • 運転圧力: 18 bar(g)
  • 設計圧力: 18~24 bar
  • 蒸気温度: 飽和温度プラス最高40ºCまで
  • 能力: 25,000~120,000 g/h

 

船舶の種別

  • VLCCタンカー(大型原油タンカー)
  • スエズマックスタンカー
  • アフラマックスタンカー
  • FPS(浮体式生産システム)ユニット