Alfa Laval - Aseptic Mixproof

Aseptic Mixproof

アルファ・ラバルのアスペティックミックスプルーフバルブは、製品の安全性が保証されており、不必要な圧力スパイク時にも有害な微生物の侵入を完全に防ぎます。 このダブルシートミックスプルーフバルブは、食品、酪農、飲料業界の滅菌プロセス用途に最適です。 構成、操作、メンテナンスが容易で、他の無菌バルブと比べて総所有コストが最大45%削減されます。

Aseptic Mixproof w ThinkTop V70 640x360

コストを最小限に抑えながら製品の安全性を最大化

  • バルブ本体とハーメチックシールの滅菌されたモジュール式設計により、製品の安全性が最大化します。
  • 他の無菌設計と比べて総所有コストが削減
  • 設定が簡単でほぼあらゆる要件を満たせる
  • 水洗可能な高度なデザインで洗浄能力が高い
  • 製品の損失を最小限に抑える

アルファ・ラバルのアスペティックミックスプルーフバルブを使用することで、稼働時間、製品の安全性、生産性、寿命を向上させることができます。 クロスコンタミネーションのリスクなしに、同じバルブを介して2つの異なる製品または流体を同時に流すことができます。 製品と蒸気の部分が水洗可能な高度な設計でドームがないため、モジュール式で構成が簡単なダブルシートミックスプルーフバルブは、他の無菌ミックスプルーフバルブよりも洗浄と滅菌を迅速かつ効率的に行います。 また、3-A衛生基準の厳しい要件に準拠しています。

優れた柔軟性とモジュール性

アルファ・ラバルのアスペティックミックスプルーフバルブは、アルファ・ラバルのUnique シングルシートバルブ(SSV)の実績のある無菌バージョンと同じ汎用プラットフォームを共有しています。 無菌ダブルプルーフバルブの設定により、ほぼあらゆる要件を満たせます。 標準バルブボディと接線バルブボディを選択するか、2つの標準バルブボディタイプを使用してください。 次に、バルブを水平または垂直のいずれかの位置に取り付けます。 右側のアクチュエータ、シートリフト、蒸気バルブ、および蒸気温度モニタリングのオプションを選択することにより、お客様の要件に合わせてバルブを調整します。

優れたハーメチックシール

アルファ・ラバルのアスペティックミックスプルーフバルブをご使用になれば、コスト削減と同時に、セーフガードプロセスの効率と製品の安全性を得られます。 PTFEのフェイスと強化されたEPDMバッキングを備えたそのハイブリッドダイヤフラムは、アルファ・ラバルのUniqueアセプティックバルブと同じ定評のあるハーメチックシールを保証します。 これにより、スチールベローズ型の無菌バルブと比べて、無菌処理の総所有コストが大幅に削減されます。

メンテナンスと部品の交換が容易

アルファ・ラバルのアスペティックミックスプルーフバルブは、メンテナンスが容易です。 単にアルファ・ラバルの Unique SSVアスペティックバルブと同じメンテナンス・ルーチンに従い、同じ交換部品を使用してください。 このため、部品交換の在庫が合理化され、コストを削減することができます。

モデルサイズ

ISO 51mm(2インチ)、63.5mm(2.5インチ)、76.1mm(3インチ)

低い所有コスト

他メーカーの無菌バルブではなく、分かりやすく信頼性の高い設計であるアルファ・ラバルのアスペティックミックスプルーフバルブをご使用になれば、最大45%の節約が実現されます。 製品寿命の延長、製品の損失の最小化、製品の安全性の向上、処理のアップタイムの大幅短縮によって、大幅にコストを削減できます。 さらに、効果的なCIPおよびSIP手順によって、洗浄サイクル回数、および洗浄液、水およびユーティリティの消費が削減されます。

動作原理

.

構造

アルファ・ラバルのアスペティックミックスプルーフバルブは、アルファ・ラバルのUniqueシングルシートバルブ(SSV)の無菌バージョンと同じモジュラー・アーキテクチャをベースにしたダブルシートバルブです。 バルブボディ、バルブプラグ/ダイアフラム、アクチュエータ、クリーニングオプション、付属品で構成され、幅広いプロセス要件をサポートします。 このダイアフラムはPTFEの面と補強されたEPDMのバッキングで構成されており、無菌の加工条件を保証するハーメチックシールの状態を作ります。 ビルトインの漏れ検出により、オペレーターは、バルブを分解せずに点検でき、行動が必要な場合にすぐに対応できます。

動作原理

この空気圧作動式のアスペティックダブルシートバルブは、圧縮エアによって遠隔操作されます。 無菌でモジュラー式であり、可動部品が少ないため、非常に信頼性の高いバルブとなり、メンテナンスコストが低くなります。 バルブ・プラグ/ダイアフラムの一体構造によって、アセプティック動作を可能にしています。

2つの流体を分離するために、バルブには2つの独立したプラグとシールがあります。2つのプラグの間の空間は、無菌処理を確実にし、製品の混合を防止するために、漏洩チャンバー内に無菌バリアを形成します。 偶発的な製品漏れのまれなケース

1つのシールから漏洩チャンバーへ流入し、 漏洩出口としても機能する蒸気弁の1つを通って排出されます。

主な操作が行われると、2つの製品バルブが開きます。2つの蒸気弁は製品の漏出を防止するために閉じる必要があります。 その後、漏洩チャンバーから2つの蒸気弁のプラグの裏側に移動して、滅菌バリヤーを形成します。

主な操作後に漏洩チャンバーを洗浄するにあたり、凝縮液を流すことができ、清潔である場合は、滅菌のために蒸気を加えて滅菌バリヤを生成します。