アルファ・ラバルがシングルユース製剤処理用のプレミアム分離機シリーズを初めて発売 | Alfa Laval

2022-02-02 Investor News

バイオ医薬製造プロセス向け シングルユース仕様遠心分離機シリーズの大規模生産対応モデルを発売

アルファ・ラバルは、世界初となるラボスケールから大規模生産まで対応するバイオ製薬プロセス向けの新しい独自のシングルユース仕様ディスク型遠心分離機シリーズ、CultureOne Maxiを発表しました。分離機システム内の接液部分のパーツはすべてバッチごとに交換できるため、クロスコンタミネーションのリスクを排除し、プロセスのサニタリー性と安全性を向上させることができます。


2020年にアルファ・ラバルが初めて発売したシングルユース仕様の小規模生産向けバイオ医薬品製造プロセス用遠心分離機、CultureOne Primoは、市場から高い評価を得ました。今回本シリーズに新しく加わるCultureOne Maxiは、優れた性能はそのままに大量の処理を可能とし、研究開発から大規模生産にいたるまでのあらゆる段階で、製品回収率の向上とより効率的な分離精製ワークフローを実現します。

アルファ・ラバルは、130年にわたる分離技術の経験とバイオ医薬品業界のお客様と積み重ねた議論に基づき、独自のシングルユース仕様のディスク型遠心分離機を開発しました。これにより、細胞回収における効率性は画期的に改善され、現場での洗浄や滅菌が不要になり、それに伴う化学薬品、水、エネルギーの消費も格段に減らすことを可能にしました。

フード&ウォーター部門責任者のニシ・パテルは次のように述べています。「今日、"健康と安全"および、より持続可能な生活は非常に重要視されています。 これらの点に対応したこの新しい製品群を皆様にお届けできることを嬉しく思います。シングルユース仕様は、製薬業界のお客様がより多くの医薬品を生産し、安全かつ迅速に市場に投入することを可能にします。また、CultureOneシリーズの製品に組み込まれた部品はすべてリサイクル可能な材料で作られており、これは企業だけでなく社会にとってもメリットといえます」。

 

 

ご存知ですか?

Alfa Laval CultureOne™は、癌などの生命を脅かす病気の治療や、臓器移植の拒絶反応に対処するための注射薬などに使用される、繊細な細胞培養物の回収プロセスに使用されています。

 

アルファ・ラバルとは

アルファ・ラバルは、伝熱、遠心分離、流体処理の世界的リーダーであり、エネルギー、海洋、食品・水の分野で活動しており、約100カ国の幅広い産業に専門知識、製品、サービスを提供しています。アルファ・ラバルは、プロセスを最適化し、責任ある成長を実現し、お客様のビジネス目標や持続可能性の目標達成をサポートするために前進することをお約束します。

アルファ・ラバルの革新的な技術は、物質の浄化、精製、再利用に特化し、天然資源のより責任ある利用を促進します。これらの技術は、エネルギー効率や熱回収の改善、水処理の改善、排出量の削減に貢献しています。これにより、アルファ・ラバルは顧客のためだけでなく、人と地球のためにも成功を加速させています。世界をより良くするために、日々努力しています。

アルファ・ラバルの従業員数は1万6700人。2020年の年間売上は415億クローネ(約40億ユーロ)でした。同社は、ナスダック・ストックホルムに上場しています。

                          www.alfalaval.com

 


製品に関するお問い合わせ
安原 秀樹
アルファ・ラバル株式会社
フード&ウォーター事業本部 食品・ライフサイエンス機器営業部
TEL: 06-4796-1575
E-mail:hideki.yasuhara@alfalaval.com

 

本ニュースに関するお問い合わせ

吉岡 孝朗

アルファ・ラバル株式会社
マーケティング&コミュニケーション部

TEL:03-5462-2442
E-mail:takaaki.yoshioka@alfalaval.com

 

 

 

タグ

全て

関連する内容