Alfa Laval - アルファ・ラバルがカーボンニュートラルの加速のために設立された「新しい長期エネルギー貯蔵協議会」に参加

2021-11-05 Investor News

アルファ・ラバルがカーボン・ニュートラルを加速させるための新しい長期エネルギー貯蔵協議会に参加

英国グラスゴーで開催されたCOP26において、アルファ・ラバルは長期エネルギー貯蔵(LDES)協議会への参加を発表しました。2040年までにグリッド・ネット・ゼロを達成するために、技術企業、ユーザー、投資家によって結成されたこの協議会は、化石燃料に代わる最も費用対効果の高いエネルギー貯蔵ソリューションを採用するため、政府やグリッド・オペレーター、主要電力ユーザーを支援します。

脱炭素社会を実現するためには、すべてのセクターで排出量を削減する大きな努力が必要です。世界の排出量の約3分の1を占める電力セクターは、脱炭素化の中心的な役割を担っており、2040年までに排出量をゼロにする必要があります。長時間の蓄電は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーの電力をコスト効率よく蓄え、必要なときに利用できるようにします。(リチウムイオン電池は代替手段として挙げられますが、8時間以上の蓄電には莫大なコストがかかります)。

当協議会は、アルファ・ラバル、BP、ブレイクスルー・エナジー・ベンチャーズ、ESS Inc、シーメンス・エナジーなど25の創設メンバーによって設立されました。2021年11月23日に、炭素排出量をネットゼロにするための長時間エネルギー貯蔵の必要性に関する初の年次報告書を発表する予定です。

「より持続可能なエネルギー供給への移行を促進するこの協議会に参加できることを大変嬉しく思っています。私たちは、専門知識だけでなく、アイデアを商業的に実現可能な代替案に発展させる上で重要な役割を果たす熱交換器技術の点でも貢献しています。今回の報告書は、LDESが脱炭素化に向けて大きな変化をもたらすことを示しています」(アルファ・ラバル エナジー部門 取締役 Thomas Møller氏)

ご存知ですか?

当協議会では、全エネルギーの約10%を長時間蓄電技術で貯蔵することを想定しており、風力発電機およそ14,000基分の年間発電量に相当する85~140TWhの蓄電容量が必要となります。

 

長期エネルギー貯蔵(LDES)協議会について

この協議会は、技術および機器のプロバイダー、再生可能エネルギー企業、電力会社、グリッド・オペレーター、投資家、最終消費者からなるCEO主導のグローバルな組織です。長時間エネルギー貯蔵の技術革新、商業化、普及を促進することにより、社会にとって最も低コストでエネルギー・システムの脱炭素化を加速することを目指しています。主要なエネルギー企業、技術プロバイダー、投資家、エンドユーザーから組織された当協議会では、それぞれの経験や知見を活かし、政府、産業界、そして広く社会に対して、事実に基づいたガイダンスと情報を提供していきます。

アルファ・ラバルとは

アルファ・ラバルは、伝熱、遠心分離、流体処理の世界的リーダーであり、エネルギー、海洋、食品・水の分野で活動しており、約100カ国の幅広い産業に専門知識、製品、サービスを提供しています。アルファ・ラバルは、プロセスを最適化し、責任ある成長を実現し、お客様のビジネス目標や持続可能性の目標達成をサポートするために前進することをお約束します。

アルファ・ラバルの革新的な技術は、物質の浄化、精製、再利用に特化し、天然資源のより責任ある利用を促進します。これらの技術は、エネルギー効率や熱回収の改善、水処理の改善、排出量の削減に貢献しています。これにより、アルファ・ラバルは顧客のためだけでなく、人と地球のためにも成功を加速させています。世界をより良くするために、日々努力しています。

アルファ・ラバルの従業員数は1万6700人。2020年の年間売上は415億クローネ(約40億ユーロ)でした。同社は、ナスダック・ストックホルムに上場しています。

                          www.alfalaval.com

 

お問い合わせ:
Johan Lundin
Head of Investor Relations
Alfa Laval
Tel: +46 46 36 65 10
Mobile: +46 730 46 30 90

Eva Schiller
PR Manager
Alfa Laval
Tel: + 46 46 36 71 01
Mobile: +46 709 38 71 01

タグ

全て

関連する内容