Alfa Laval - Alfa Laval collaborates with Schneider Electric to analyze and improve the company’s energy performance

2021-09-24 Investor News

アルファ・ラバルがシュナイダーエレクトリック社と共に企業のエネルギーパフォーマンスを分析・改善を実現

アルファ・ラバルは、シュナイダーエレクトリック社とのグローバルな協力関係を拡大し、データをデジタル化、分析し、業務効率の向上を実現します。両社は、サイト、国、地域にまたがるほぼリアルタイムのエネルギー消費データを利用し、エネルギー効率化プロジェクトを特定・定義します。このコラボレーションは、2030年までにバリューチェーン全体でカーボンニュートラルを目指すアルファ・ラバルの取り組みの一環です。

シュナイダーエレクトリック社とのコラボレーションは2019年に始まり、同社のエネルギーインフラのデジタル化を目的としています。事業全体のエネルギー消費データを把握することで、拠点、国、地域全体のエネルギー使用量やコストを削減するためのエネルギー効率化プロジェクトや取り組みを特定することができました。この次のステップでは、アルファ・ラバルが天然ガスからより持続可能な代替エネルギーに切り替え、再生可能エネルギーの利用拡大に向けたロードマップを作成します。アルファ・ラバルは、2030年までにバリューチェーン全体でカーボンニュートラルを実現するという目標を掲げており、今回のコラボレーションは、この目標の実現に向けた重要なステップです。

「カーボンニュートラルの目標を達成するには、サプライチェーン全体での取り組みと、顧客やサプライヤー、事業を展開する社会との連携強化が必要です」と、アルファ・ラバル エグゼクティブヴァイスプレジデント Mikael Tydén氏(オペレーション部門責任者)は言います。「私たちは、エネルギー効率の高いソリューションの導入を支援するため、エクスポネンシャル・ロードマップ・イニシアチブに参加しました。シュナイダーエレクトリック社とのパートナーシップ契約の延長は、パリ協定で設定された1.5℃のシナリオに到達するためのもう一つの具体的な活動です」。

ご存知ですか?

国際エネルギー機関によると、エネルギー効率は、今後20年間で温室効果ガスの排出量を40%以上削減可能になり、パリ協定の目標を達成するための一つの要となっています。 

アルファ・ラバルとは

アルファ・ラバルは、伝熱、遠心分離、流体処理の世界的リーダーであり、エネルギー、海洋、食品・水の分野で活動しており、約100カ国の幅広い産業に専門知識、製品、サービスを提供しています。アルファ・ラバルは、プロセスを最適化し、責任ある成長を実現し、お客様のビジネス目標や持続可能性の目標達成をサポートするために前進することをお約束します。

アルファ・ラバルの革新的な技術は、物質の浄化、精製、再利用に特化し、天然資源のより責任ある利用を促進します。これらの技術は、エネルギー効率や熱回収の改善、水処理の改善、排出量の削減に貢献しています。これにより、アルファ・ラバルは顧客のためだけでなく、人と地球のためにも成功を加速させています。世界をより良くするために、日々努力しています。

アルファ・ラバルの従業員数は1万6700人。2020年の年間売上は415億クローネ(約40億ユーロ)でした。同社は、ナスダック・ストックホルムに上場しています。

                          www.alfalaval.com

お問い合わせ:
Johan Lundin                                                              
Head of Investor Relations                                         
Alfa Laval                                                                    
Tel: +46 46 36 65 10                                                   
Mobile: +46 730 46 30 90                                           

Eva Schiller
PR Manager
Alfa Laval
Tel: + 46 46 36 71 01
Mobile: +46 709 38 71 01

タグ

全て

関連する内容