Alfa Laval - 新しいAlfa Laval PureSOx ExpressはSOxスクラバー搭載の可能性を広げます。

2020-06-11 Product News

新しいAlfa Laval PureSOx ExpressはSOxスクラバー搭載の可能性を広げます。

ハンディマックスバルカーやプロダクトタンカーなどの小型船舶の場合、排ガスクリーニング装置搭載の投資回収期間が長くなりがちです。Alfa Laval PureSOx Expressは搭載費用及び搭載期間を劇的に短縮することにより、これらの小型船舶においても排ガスクリーニング装置搭載のメリットを享受できる画期的な手段です。つまり小型船舶においてもHFOの使用を継続し、SOx規制に準拠することが容易になります。

 

PureSOx Express II 680x250.jpg

新しいPureSOx Expressはオープンループ システムを採用したシステムです。ファンネル一体型として高度に造り込まれたモジュールとして提供され、小型船舶へのシンプル且つ高コスト効率な搭載ソリューションを提供します。SOxスクラバーの設置にかかるエンジニアリング時間、投資コスト、および搭載作業を大幅に軽減します。

排気ガスクリーニングのセールスディレクターであるSteven Pieters氏は「PureSOx Expressは、数百の船舶で既に搭載実績のあるPureSOxテクノロジーを使用し信頼性はそのままに、 しかし、経験豊かなスクラバー搭載チームを必要とすることなく、容易に搭載工事を実現することができます。つまり、造船所での作業が少なく、搭載期間として必要なのはわずか10〜14日程です。 初期投資が減るだけでなく、船舶はより迅速に運転再開することができます。」とそのメリットを強調します。

多くの船舶に向けた容易かつ柔軟性の高い選択肢

モジュールとして洗練されたPureSOx Expressは、1時間あたり最大75トンの排気ガス量 エンジン出力にして最大10 MWの処理能力を有しております。 これにより、40,000〜65,000 DWTの多くの船舶(通常、バルカーとプロダクトタンカーを含む)に対応する万能なソリューションになります。

PureSOx Expressはオープンループシステムを採用しており、今日の規制に準拠する上で最も経済的です。 しかも後でハイブリッドシステムに変更するための手段も用意されています。 これにより、モジュールはコスト効率が高いだけでなく、将来の拡張性も備えた万全のソリューションといえるのです。

「ハイブリッド採用が躊躇される場合は、PureSOx Expressは良い選択肢でしょう」とPietersは言います。 「PureSOx Expressは、将来のより厳しい排水規制に対応する必要がある場合に、将来的にハイブリッドで動作する機器を追加する柔軟性が備わっています。」

最先端の技術とサービスの提供

PureSOx Expressは搭載工事を劇的に容易にしますが、信頼性、機能、またはサービスに関してはこれまでの利点を何一つ損なうことなく継承しています。例えば。充填塔式スクラバ―の採用に加えて、エンジンへの洗浄水逆流対策として安全を確保する効果的なウォータートラップを備え高い信頼性を担保しています。同時に他のPureSOxシステムと同じようにAlfa Laval Touch Controlによるユーザインターフェイスを採用し、使いやすさと遠隔診断機能”Connectivity”サービスへの対応オプションを提供可能です。これらの全てがAlfa Lavalの10年以上に亘るスクラバーの設置経験と仕様実績に基づいて設計・製造されている点が最も重要です。

「2009年に最初のPureSOxシステム搭載船が運用されて以来、経験から学ぶことで製品を最適化してきました」とPieters氏は言います。 「その知識はすべてPureSOx Expressに生かされています。搭載するPureSOxシステムのタイプに関係なく、Alfa Lavalのグローバルネットワークと、PureSOx Connectを介した遠隔運航支援サービスを含む、スクラバーサービスの包括的なポートフォリオによって運航がサポートされます。PureSOx Expressは、お客様が搭載メリットを最大限に享受し、規制への効率的な対応を可能にする新たなソリューションです。」

 

Alfa Laval PureSOxおよびAlfa Lavalの排ガス洗浄への取り組みに関する詳細は、www.alfalaval.jp/puresox

をご覧ください。

編集者メモ

アルファ・ラバルについて

アルファ・ラバルは、熱伝導、分離、および流体制御の主要技術に基づく専門製品およびエンジニアリングシステムの世界的なプロバイダーである。同社の機器、システム、およびサービスは、顧客のプロセス効率の最適化をサポートすることに貢献している。 これらのソリューションは、食品や飲料、化学薬品や石油化学製品、医薬品、澱粉、砂糖、エタノールなどを生産する産業において、製品の加熱、冷却、分離、移送に利用されている。

アルファ・ラバルの製品は、発電所、船舶、石油およびガス探査、機械産業、鉱業および廃水処理、さらには空調制御および冷凍用途にも使用されている。世界規模にわたるアルファ・ラバルの組織は、世界100 カ国に及ぶ顧客と密接な協調関係を持ち、世界の各分野でその競争優位をサポートし続けている。 アルファ・ラバルはNasdaq OMX に上場しており、2019 年には年間売上高約465 億クローネ(約44 億ユーロ)を計上した。 同社の従業員数は約17,500 人である。

関連する内容