Alfa Laval - Oily waste treatment marine

Oily waste treatment marine

船内の油性廃棄物には、燃料や潤滑油プロセスからの廃油だけでなく、通常は化学物質や粒子によってさらに汚染されているビルジ水も含まれます。水、油、固形物の分離は環境を保護するために必要なだけでなく燃料の損失を取り戻すこともできます。.

Oily waste treatment

油性廃棄物の流れを乾燥させる

油性廃棄物の大部分は水です。油で汚染されたビルジ水があり、環境に排出する前にMEPC.107(49)の制限まで洗浄する必要があります。しかし、セパレーターとフィルターからの廃油もほぼ50%が水です。遠心分離は、この油性廃棄物のすべてを効果的に処理する唯一の方法です。独自のアルファ・ラバルPureDryを使用して、廃油から液体のすべての滴を取り除くことができます。分離された水は、ビルジ水で処理できるほどきれいです。ビルジ水は、アルファ・ラバルPureBilgeで5ppm未満のオイル含有量まで洗浄されます。

燃料とコスト節約

PureDryが廃油から抽出できるのは水だけではありません。燃料と潤滑油の廃棄物に別々のタンクを使用すれば高品質の燃料を回収し再利用することができます。通常、元の消費量の1〜2%になります。これは革命的であると同時に価値があります。廃油量を99%削減することでコストも節約できます。水と油を取り除くと、超乾燥固形物だけが残ります。これにより、より小さな廃油タンクを使用できるようになり、スペースと設置コストの両方を節約することが可能になります。