Alfa Laval - Large-scale methanol testing to begin at the Alfa Laval Test & Training Centre

アルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターで大規模なメタノール試験が始動

デンマーク、オールボーにあるアルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターで、船舶用燃料としてのメタノールの大規模な試験が間もなく開始されます。アルファ・ラバルは、MANエナジー・ソリューションズやその他のパートナーと緊密に協力して、同センターの4ストローク2MWディ ーゼルエンジンを改造や他のパイロット燃料なしにメタノールで運転する可能性を探ります。この試験はデンマークのEUDP(エネルギー技術開発・実証プログラム)による進行中の研究プロジェクトの第3段階にあたります。

Delivery_methanol_AlfaLavalTestandTraningCentre_800.jpg

標準的なエンジンでメタノールを実現

2年前に開始されたEUDPのメタノールプロジェクトは、アルファ・ラバルとMANエナジー・ソリューションズ、デンマーク技術研究所(DTI)、デンマーク工科大学(DTU)、バイオ燃料メーカーのノルディック・グリーンをパートナーとしています。このコンソーシアムは、共同研究を通じて、現在の船舶用ディーゼルエンジンに適応可能なメタノール燃料システムの開発を目指しています。メタノールは、資源が豊富で燃焼がクリーンなことから、将来の船舶用燃料として最も有望な脱化石燃料の一つです。

「現在、メタノールを燃焼させるには、燃料油を使ったパイロット点火が必要です」。(アルファ・ラバル船舶部門の技術開発担当副社長Lars Skytte Jørgensen氏)「再生可能資源からのメタノールを標準的な圧縮エンジンで直接燃焼させることができれば、カーボンニュートラルな海運への近道となります」。

「クリーンに燃えるメタノールへの移行は、海運業界の脱炭素化に向けた重要なステップとなるでしょう」。と、MANエネルギーソリューションのパフォーマンス&オプティマイゼーション担当エンジンスペシャリスト、Klaus Petersen氏は同意します。「アルファ・ラバルや他のプロジェクトパートナーとの協力関係を通じて、船舶がその一歩を踏み出しやすくなることを期待しています」。

プロジェクト初期段階での取り組み

改造していないディーゼルエンジンでメタノールを燃焼させるには、新しいエンジンソフトウェアが必要であり、エンジンテストや燃焼モデリングとの連携を通じて開発しなければなりません。

デンマーク工科大学(DTU)やデンマーク技術研究所(DTI)で行われた小型エンジンでの初期テストでは、有望な結果が得られました。この結果を受けて、アルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターでは2MWの船舶用エンジンの1つのシリンダーを使用してメタノールの小規模な実験が行われました。

「1つのシリンダーを使った実験がうまくいったことに興奮しました」。「これでより広範な試験を行う準備ができました」。(Jørgensen氏)

クライメイト・ニュートラルなメタノールの大幅な出荷

アルファ・ラバルでは、アルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターにバイオ燃料用のタンクや付属機器を設置し、準備を進めています。タンクは、3月にグリーンメタノールを供給したノルディック・グリーン社からの異例の納入に備えています。

「私たちは新しいバイオマスではなく、廃棄物からメタノールを製造しています」。「これにより、今後の燃焼試験ではCO2排出量がニュートラルになり、まさに明日の船舶の運航に必要なものとなります」。(Nordic Green社 CEO Bo Gleerup氏)

燃料到着後、最初の課題はスケールに合わせた取り扱い方法を決定することです。メタノールは常温では液体であるため、非加圧タンクで保管することができます。しかし、メタノールの引火点は7℃と低いため、圧縮して発火させるのは難しいものの、非常に揮発性が高いのです。このようにして、取り扱い上の問題を解決した後、4月からは改造していないエンジンにメタノールを充填して、本格的なテストを行う予定です。

エンジンの先にある燃料へ注目

アルファ・ラバルにとってメタノールの試験は、現在のLNGからメタノール、そして再生可能なアンモニアへと移行する海洋燃料の展望を見据える一環です。現在のプロジェクトはエンジンに焦点を当てていますが、アルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターでのより広範な開発作業の実用的な触媒となっています。アルファ・ラバルでは、エンジン自体を除いても、将来の燃料に影響される多くのアプリケーションを対象としています。

「新しい燃料に関しては、エンジンメーカーとの密接な協力関係が新しいアイデアや機会につながります」。「WinGD社と共同で開発した、LNGエンジンからのメタン排出量を削減するソリューション、アルファ・ラバル・ピュアクールがその良い例です。私たちのボイラーやその他の既存製品はメタノールにも使用されますので、LNGの時と同じように燃料に関する調査を行う必要があります」。

「私達は、LNG市場が本格的に動き出すずっと前からアルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターでLNGの燃焼を調査していました」。と Jørgensen氏は強調します。「何かを市場に投入する前に、燃料とその仕組みを深く理解することが非常に重要です。メタノールやアンモニアについても同じことが言えます」。

Editor’s notes

This is Alfa Laval

アルファ・ラバルは、エネルギー、海洋、食品・水の各分野で活動しており、その専門知識、製品、サービスを約100カ国の幅広い業界に提供しています。アルファ・ラバルは、プロセスの最適化、責任ある成長の実現、進歩の促進に取り組んでおり、お客様のビジネス目標やサステナビリティ目標の達成をサポートするために、常に一歩先を目指しています。

アルファ・ラバルの革新的な技術は、物質の浄化、精製、再利用に特化し、天然資源のより責任ある利用を促進します。これらの技術は、エネルギー効率や熱回収の改善、水処理の改善、排出量の削減に貢献しています。これにより、アルファ・ラバルは顧客のためだけでなく、人と地球のためにも成功を加速させています。世界をより良くするために、日々努力しています。それがAdvancing better™です。

アルファ・ラバルの従業員数は1万6700人。2020年の年間売上は415億クローネ(約40億ユーロ)でした。同社はNasdaq OMXに上場しています。

 

LarsSkytteJorgensenVicePresidentTechnologyDevelopment 640x360

お問合せ

Lars Skytte Jørgensen

Vice President Technology Development, Alfa Laval Marine Division

+45 40254426
larss.jorgensen@alfalaval.com

お問合せ

Anne Henningsen

Marketing Communications Manager, Business Unit Boiler Systems, Alfa Laval Marine Division

+45 2492 8610
anne.henningsen@alfalaval.com