Alfa Laval - アルファ・ラバルがMærsk Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shippingに戦略的コーポレートパートナーとして参加

アルファ・ラバルがMærsk Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shippingに戦略的コーポレートパートナーとして参加

アルファ・ラバルとMærsk Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shippingは、戦略的コーポレートパートナーシップ契約を締結し、アルファ・ラバルが同センターの公式パートナーとなり海事産業におけるゼロカーボンソリューションの開発に関する戦略的協力関係を正式に締結したことを発表しました。

 

このコラボレーションは、新しいグリーン燃料を扱うために必要なシステムや、全体的なエネルギー効率を向上させるソリューションの開発を含む(ただし、これに限定されるものではない)共同プロジェクトや活動を通じて、低炭素およびゼロカーボン技術の開発を中心に展開されます。一部の共同活動はアルファ・ラバルの試験施設で実施される予定です。

これらの活動は最近発表されたSOFC4Maritime(EUDPが資金提供する船舶の発電用SOFCの応用による将来のグリーン燃料の最適な利用を目的としたプロジェクト)を通じてすでに実施されています。

 

海運の脱炭素化には、システムの変革が必要です。海事とエネルギーの両分野での包括的な協力によってのみ達成されます。アルファ・ラバルは、ゼロカーボンの海事産業というビジョンを共有し、目標達成には膨大な努力が必要であることを認識しています。センターに参加することで、重要な経験と知識を得られ、センターが移行の全体像を確立し、明日のソリューションの開発を加速するプロジェクトや活動を開始することができます。 アルファ・ラバルをセンターのパートナーとして迎えるにあたり、Bo Cerup-Simonsen CEOは「このコラボレーションを心から楽しみにしています」。と語ります。

「より持続可能なソリューションへの移行を実現するためには、Mærsk Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shipping のような業界専門家とのコラボレーションが不可欠です。海運業界のロードマップに対する共通の見解が必要であり、私たちはそれぞれの専門性を発揮して開発を推進し、加速させていきます」。(マリン事業部社長Sameer Kalra氏)「最新プロジェクトの一つである "SOFC4Maritime"(固体酸化物燃料電池)は、私たちが一緒に取り組むことを楽しみにしている活動の一例です」。

アルファ・ラバルはセンターの諮問委員会にも参加し、今後のセンターの活動に戦略的・技術的な指導を行います。

「私たちは、Mærsk Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shippingに参加できることを誇りに思います。有能なパートナー企業のチームと積極的に協力していきたいと思います。海洋の専門家同士の革新的なコラボレーションは、海洋に適応したソリューションの実現にとって明確な方法です。パートナーシップを組むことで、実用的かつ経済的にカーボンニュートラルな海運への道を開くソリューションを実現することができるでしょう」。(アルファ・ラバル船舶部門 Senior Vice President Søren Helmuth Jensen氏)

 

脱炭素化に向けた海運のロードマップ

世界の二酸化炭素排出量の約3%を海運が占めていますが、今後数十年の間に他の産業が気候変動対策に取り組む中で、その割合は増加すると考えられます。

長期的な目標である脱炭素化を達成するためには、新しい燃料の種類と業界内のシステム変更が必要です。海運業は世界的に規制されている産業であり、新しい技術や燃料を業界で広く採用してもらう機会を提供しています。

実行可能な技術の開発を加速させるためには、サプライチェーン全体で応用研究に取り組むことが必要です。産業界のリーダーは、実験室での研究が、産業界のニーズに合ったスケーラブルなソリューションにうまく成熟するために、重要な役割を果たしています。同時に、脱炭素化への移行を可能にするための新しい法律が必要になります。

Mærsk Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shippingについて

Mærsk Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shippingは非営利かつ独立した研究開発センターであり、エネルギーと海運の分野において、産官学の関係者と協力して活動しています。パートナーとともに、実行可能な脱炭素パスウェイの概要を明らかにし、新エネルギー技術の開発と導入を促進し、新しいコンセプトとそのサプライチェーンに対する信頼性を高め、必要とされるシステム変革への実行可能な戦略的パスウェイを定義し成熟させることで、移行を加速させています。センターはコペンハーゲンに置かれ世界中のパートナーと協力しています。

同センターは、2020年にアメリカ船級協会、A.P. Moller - Maersk、Cargill、MAN Energy Solutions、三菱重工業、NYK Line、Siemens Energyによって設立され、A.P. Møller Foundationからの4億デンマーク・クローネの寄付により実現しました。

詳細はこちらをご覧ください。 www.zerocarbonshipping.com

Center media contact: Anne Katrine Bjerregaard +45 20450191 / anne.katrine.bjerregaard@zerocarbonshipping.com

アルファ・ラバルについて

アルファ・ラバルは、エネルギー、海洋、食品・水の分野で活動しており、その専門知識、製品、サービスを約100カ国の様々な業界に提供しています。アルファ・ラバルは、プロセスの最適化、責任ある成長の実現、進歩の促進に取り組んでおり、お客様のビジネス目標や持続可能性の目標を達成するために、常に一歩先を行くサポートをしています。

アルファ・ラバルの革新的な技術は、物質の浄化、精製、再利用に特化し、天然資源のより責任ある利用を促進します。これらの技術は、エネルギー効率や熱回収の改善、水処理の改善、排出量の削減に貢献しています。これにより、アルファ・ラバルは顧客のためだけでなく、人と地球のためにも成功を加速させています。世界をより良くするために、日々努力しています。それがAdvancing better™なのです。

アルファ・ラバルには17,500人の従業員がいます。2019年の年間売上高は465億クローネ(約44億ユーロ)。同社はNasdaq OMXに上場しています。

詳細についてはこちらをご覧ください。 www.alfalaval.com