Alfa Laval - アルファ・ラバルと海上技術安全研究所の共 同試験で、排ガス浄化システムを用いた船上 でのCO2回収に成功

アルファ・ラバルと海上技術安全研究所の共同試験で、排ガス浄化システムを用いた船上でのCO2回収に成功

海事産業が脱炭素化に向けた取り組みを加速させる中、アルファ・ラバルはパートナーと協働してその実現に向けた技術を開発しています。アルファ・ラバルと日本の海上技術安全研究所(NMRI)は、二酸化炭素回収・貯留(CCS)に関する実証試験を行い、この技術開発を一歩前進させることに成功しました。

◆ 大規模な CO2 回収

海上技術安全研究所は、実験室で得られた結果を実際に検証することを目的として、CO2
収のテストプロジェクトを行いました。市場で実績のあるフルスケールのハイブリッドスクラバ
ーシステムが必要とされる中で、アルファ・ラバル PureSOx が重要な役割を果たしました。新
造船の SOx 対策として PureSOx を設置していたこの研究に関連する日本の船主は、アルフ
ァ・ラバルと造船所と協働し、船舶の海上試運転においてこの検証試験を行うよう手配しまし
た。
「アルファ・ラバルPureSOxは、SOxの除去において長年の実績がある実証済みのソリュー
ションです。海上技術安全研究所とのプロジェクトで得られた良好な結果は、スクラバー技術
が海上での脱炭素化にも役立つことを示しています」とアルファ・ラバル、排気ガス浄化シス
テム部門責任者のレネ・ディクスは述べています。

◆ カーボンニュートラル実現への足がかり

CCS は、カーボンニュートラルな燃料が実用化されるまでの間、排出物から CO2 を取り除く
ことができる可能性のある技術として検討が行われています。完全な CCS ソリューションで
は、船舶の排気ガスから除去された CO2 が大気中に放出されないように貯留されます。今
回のプロジェクトでは、スクラバーが船上で CO2 の回収を行うことができることを示すことに
範囲を限定しました。改良された PureSOx システムは、クローズドループで運転しながら、港
にある補助ディーゼルエンジンからの CO2 を吸収することができました。
また、ディクスは次のようにも述べています。「IMO の温室効果ガス削減目標を達成するため
には、短期的な解決策と長期的な解決策の両方が必要です。CCS を海上で展開するには多
くの開発が必要ですが、今回の予備試験では、このアプローチについて明確な可能性が示さ
れました。PureSOx は SOx を除去するために設計されていますが、クローズドループで運転
しながら CO2 を除去できることを実証しました」。

◆ 気候変動対策を加速させるパートナーシップを強化

海上技術安全研究所との研究は、持続可能性に焦点を当てたアルファ・ラバルの数多くのプ
ロジェクトの一つです。アルファ・ラバルは、Getting to Zero 連合のメンバーであり、Maersk
Mc-Kinney Møller Center for Zero Carbon Shipping の戦略的コーポレートパートナーです。
さらに、デンマークのオールボーグにあるアルファ・ラバル テスト&トレーニングセンターでは、
多くのパートナーとのコラボレーションが行われています。
ディクスは次のように述べています。「海事産業の脱炭素化には、新しい燃料の導入に加え
て、様々な排出削減技術を開発していくことが必要です。ブレークスルーとなる技術を実現す

唯一の方法は、業界や世界を超えて共に可能性を探ることです。私たちアルファ・ラバルは、
専門知識、技術、開発リソースで貢献できることを誇りに思います」。

 

アルファ・ラバルについて

アルファ・ラバルは、エネルギー、海洋、食品・水の分野において、その専門知識、製品、サー
ビスを通じて約 100 か国で幅広い業界を支えています。プロセスの最適化、環境への責任を
果たしながらの成長、進歩の促進に取り組み、お客様がビジネス目標とサステナビリティ目標
を達成するためのサポートに常に全力を尽くします。
アルファ・ラバルの革新的なテクノロジーは、エネルギー効率と熱回収の改善、より良い水処
理、温室効果ガスや排ガスの排出削減に特化し、資源の浄化、精製、再利用を通じて、限り
ある天然資源の有効な使用に貢献します。これらを通じてアルファ・ラバルは、お客様、
人々、地球のために、その成功を加速させることで、日々世界をより良くしていきます。
アルファ・ラバルの従業員数は約 16,700 人、2020 年の年間売上は 415 億スウェーデンクロ
ーネ(約 40 億ユーロ)でした。同社は NASDAQ OMX に上場しています。

グローバルサイト: https://www.alfalaval.com
日本語サイト: https://www.alfalaval.jp

 

PureSOx 2021 640x360

お問い合わせ先

本リリースに関するお問い合わせ
吉岡 孝朗
アルファ・ラバル株式会社
マーケティング&コミュニケーション室 マネージャー
TEL:03-5462-2442
E-mail:takaaki.yoshioka@alfalaval.com

René Diks
Head of Exhaust Gas Cleaning Systems
Alfa Laval Marine Division
Phone: +31 24 352 3180
E-mail: rene.diks@alfalaval.com

Geertje van Duijne
Marketing Communications Manager, Business Unit Gas Systems
Alfa Laval Marine Division
Phone: +31 24 352 3239
E-mail: geertje.vanduijne@alfalaval.com