Alfa Laval - A carbon-neutral methanol fuel cell system is taking shape at the Alfa Laval Test & Training Centre

アルファ・ラバル テスト&トレーニングセンターで、カーボンニュートラルなメタノール燃料電池システムが具体化

Blue World Technologies社の高温プロトン交換膜(HTPEM)技術をベースにした革新的な燃料電池システムが、デンマークのオールボーにあるアルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターで試験用に建設されています。メタノールを燃料とするこの試験設備は、船舶の補助動力源としての技術の可能性を探るものです。デンマークのEUDP(エネルギー技術開発・実証プログラム)の資金援助を受けたこのプロジェクトは、燃料電池メーカーのBlue World Technologies社、アルファ・ラバル、船主のDFDS、Maersk Drilling社、 Hafnia社が共同で取り組んでいます。

 

TTC overview.jpg

スケーラブルな燃料電池ソリューションの構築

このプロジェクトの目的は、高効率で費用対効果の高いHTPEM燃料電池ソリューションを確立し、近い将来、船舶に燃焼式補助動力に代わる現実的な選択肢を提供することです。燃料電池の試験装置は200kWの出力を予定していますが、開発されたモジュール式の設計では、5MWのレベルまで段階的にスケールアップすることが可能です。

アルファ・ラバルのテスト&トレーニングセンターで行われる1年間の計画的な試験では、燃料電池システムの耐久性と寿命が注目されます。HTPEM燃料電池は他のタイプの燃料電池に比べて熱サイクルへの耐性が高いため、発電機で必要とされる変動電力の生成に適しています。しかし、船上での使用を可能にするためには、燃焼技術と同等の寿命が必要であり、そのためには様々な性能低下の原因に対処する必要があります。

Fuel cells.jpg

粒子状物質を排出しないクリーンな運転を可能にする燃料電池システムは、カーボンニュートラルな再生可能メタノールを燃料として使用します。メタノールは、将来の船舶用燃料として最も有望な非化石燃料の一つであり、アルファ・ラバルのテスト&トレーニングセンターでは既にテストに使用されています。しかし、燃料電池システムのコンセプトは、LNG やアンモニアなどの燃料にも適用できる可能性があります。

燃料電池システムプロジェクトのリーディングパートナー

EUDPが資金を提供するこのプロジェクトには、確立された一流企業が多数参加しています。100年以上の専門知識を持つ海洋サプライヤーのアルファ・ラバルは、アルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターの技術革新リソースの提供に加えて、プロジェクトの管理・調整を行います。

「アルファ・ラバルは、経験豊富なパートナーと協力して船舶用の高効率HTPEM燃料電池システムを実現できることを誇りに思います。SOFC4Maritimeにおける固体酸化物燃料電池の取り組みや、アルファ・ラバ ルテスト&トレーニングセンターで既に実施されているメタノール燃焼の取り組みと並んで、このプロジェク トは業界がカーボンニュートラルな燃料環境に移行するための重要な一歩となります」。

アルファ・ラバル船舶部門 エネルギーソリューション技術開発責任者 Lars Skytte Jørgensen氏

 

メタノール燃料電池技術の先進的な開発・製造企業であるBlue World Technologiesが社が、燃料電池そのものを供給します。デンマークのオールボーに本社を置くBlue World Technologies社は、燃料電池を燃焼式ソリューションと同等のコストにするために必要な大量生産に向けて準備を進めています。

「自動車用アプリケーションの拡張性をベースに、メタノール型燃料電池システムが海上の気候や環境への影響を大幅に軽減できると確信しています。海事関係者と協力して当社の技術をさらに発展させ、同時に生産能力を向上させることで、環境に優しく、運用性に優れ、商業的にも実現可能な燃料電池ソリューションを提供することができます」。

Blue World Technologies社 最高商業責任者兼共同創業者 Mads Friis Jensen氏

 

3人の船主が、HTPEM燃料電池システムの運用および商業的な導入に関する考察を提供します。欧州最大級の海運ネットワークを有するDFDS社は、化石燃料からの脱却を積極的に進めており、他の燃料電池プロジェクトでの経験を生かしています。Maersk Drilling社は、デンマークで掘削装置を所有・運営していますが、エネルギー効率を重視しており、特殊な用途に補助電源を使用した経験を持っています。世界最大級のプロダクトタンカーを所有するHafnia社は、将来の船舶用燃料に移行する戦略をとっており、メタノールに強い関心を持っています。Hafnia社は、メタノールのバンカリングとオペレーションに関する深い知識を持っています。

「燃料電池は、海運のグリーン化を促進する可能性を秘めています。この技術は、非常にシンプルで信頼性の高い新世代の船舶を可能にし、現在の船舶よりもはるかに簡単にデジタル化することができます。これにより、エキサイティングな新しい機会が生まれるでしょう」。

DFDS社 イノベーション・リード Jakob Steffensen氏

 

「エネルギー効率の良さは、Maersk Drilling社の事業において長い間重要視されてきました。HTPEM燃料電池システムは、気候変動に配慮した発電ソリューションの実現に向けて、明確な可能性を秘めていると考えています。私たちのアプリケーションに関する知識と運用に関する情報が、適切な海洋ソリューションの構築に役立つと信じています」。

Maersk Drilling社 インテグリティ&プロジェクト部門責任者 Caroline Alting氏

 

「世界最大級のタンカーのオーナーである当社には、気候変動への影響を軽減する責任があります。そのため、Hafnia社はメタノールの運用とその開発にも力を入れています。私たちはメタノールプラントプロジェクトに投資してきましたが、今回の研究プロジェクトもまた重要な取り組みです。私たちは、メタノールに関する実践的な知識を活かして、環境に優しく競争力のある燃料電池ソリューションの実現を支援していきます」。

 Hafnia社 技術担当副社長 Jørgen Thuesen氏

 

アルファ・ラバルテスト&トレーニングセンターや、燃料・エネルギーソリューションに対するアルファ・ラバルのアプローチについてはこちらをご覧ください。www.alfalaval.com/marine

 

エディターズノート

アルファ・ラバルについて

アルファ・ラバルは、エネルギー、海洋、食品・水の分野で活動しており、その専門知識、製品、サービスを約100カ国の様々な業界に提供しています。アルファ・ラバルは、プロセスの最適化、責任ある成長の実現、進歩の促進に取り組んでおり、お客様のビジネス目標や持続可能性の目標を達成するために、常に一歩先を行くサポートをしています。

アルファ・ラバルの革新的な技術は、物質の浄化、精製、再利用に特化し、天然資源のより責任ある利用を促進します。これらの技術は、エネルギー効率や熱回収の改善、水処理の改善、排出量の削減に貢献しています。これにより、アルファ・ラバルは顧客のためだけでなく、人と地球のためにも成功を加速させています。世界をより良くするために、日々努力しています。それがAdvancing better™なのです。

アルファ・ラバルの従業員数は1万6700人。2020年の年間売上は415億クローネ(約40億ユーロ)でした。同社はNasdaq OMXに上場しています。

www.alfalaval.com

 

Blue World Technologies

Anne Kvist

Head of PR and Communication

Phone: +45 31 60 16 71

E-mail: akv@blue.world

 

エディターズノート

Blue World Technologies社について

Blue World Technologies社は、世界中の定置用/APU用および自動車・大型輸送機関用のメタノール燃料電池コンポーネントおよびシステムを開発・製造する、野心的で先見性のある企業です。この燃料電池は、内燃機関やディーゼル発電機に代わる環境に優しい製品です。Power-to-Xのエコシステムの一部として、メタノール燃料電池技術は、直接電化やバッテリー技術だけでは解決できないグリーントランジションの部分を解決することに貢献します。

Blue World Technologiesの燃料電池システムに使用される燃料は、再生可能な液体燃料であるメタノールです。メタノールは、簡単かつ低コストで何年も貯蔵でき、既存のインフラを再利用しながら世界中に輸送することができます。

Blue World Technologiesは、燃料電池業界での豊富な経験をもとに設立され、大規模生産による技術の商業化を目指しています。同社は、高温PEM技術とメタノール改質を組み合わせた技術に注力しています。この組み合わせにより、シンプルなシステム設計で高い変換効率を実現し、CO2削減、燃料コスト削減、有害物質の排出ゼロなどの大きなメリットをもたらします。

   

Blue World Technologies社についての詳細は、www.blue.world 同社のソーシャルメディアをご覧ください。