PureCool

カスケード排気ガス冷却システム

 

アルファ・ラバル PureCool は、次世代 WinGD X-DF エンジンのオプションである iCER 技術の中核となるカスケード排気ガス冷却システムです。このシステムにより、LNGを燃料として使用する際にエンジンからわずかに漏れるメタン・スリップを最大50%削減することができます。また、環境への配慮だけでなく、燃費向上にも大きく貢献しており、ガスモード時には3%の燃費向上を実現しています。

PureCool front 2.png

メタンスリップを抑制ー燃費の向上

 

  • メタンスリップを最大50%低減
  • ガスモードの場合燃費3%向上
  • LNGを燃料とすることで環境への最大限のメリットを確保
  • LNG船におけるLNGの損失を最小限に抑え、より多くの貨物輸送を実現

 

PureCool WinGD engine.png

環境に配慮しLNGを燃料に選択することで、PureCoolシステムはそのメリットを最大限に生かすことができます。第2世代のWinGD X-DFエンジンのiCERテクノロジーの一部であるPureCoolシステムは、メタンのスリップを最大50%除去することで、排出量をさらに削減します。この未燃燃料は、消費されるLNGのほんの一部に過ぎませんが、IMOが野心的な気候目標を追求する中で、将来的には法律の対象になる可能性があります。

 

新しい規制の有無にかかわらず、PureCool搭載のiCERオプションを選択することは、船舶の収益にプラスの影響を与えます。PureCoolを搭載することで燃料効率が向上し、ガスモードで運航した場合のLNG消費量を3%削減します。お客様の船がLNG船であれば、より多くの収益性の高い貨物を受け入れターミナルに届けることを実現します。

David Jung 2 640x360.jpg

お問合せ

David Jung

Business Development Manager, Boiler Sales, Business Unit Boiler Systems

+45 9930 4030
david.jung@alfalaval.com

お問い合わせください

アルファ・ラバルPureCoolカスケード排気ガス冷却システムについての詳細や、お客様の船舶のお見積もりをご希望の場合は、アルファ・ラバルがすぐに対応いたします。

 

 

お問い合わせはこちら


機能紹介

PureCool system - how it works rev5.jpg

PureCoolシステムは、エンジンに隣接した独立型の冷却設備です。このシステムは、WinGD X-DFエンジンのiCERオプションの主要コンポーネントであり、排気ガスの最大50%を冷却・再循環させることで燃焼を改善します。この再循環は、ターボチャージャーの能力をフルに活用した低圧経路で行われるため、メタンスリップを最小限に抑え、燃料消費量を削減することができます

 

PureCoolシステムの主要コンポーネントであるクーラータワーでは、循環水を使って排気ガスを入口温度230°Cから出口温度32°Cまで冷却します。循環水は、海水の流れによって順番に冷却されます。

アルファ・ラバルとWinGD

アルファ・ラバルとスイスのグローバルエンジン開発企業WinGD社は、iCER(Intelligent Control by Exhaust gas Recycling)を協力して開発しました。PureCoolカスケード排気ガス冷却システムを核とするこの技術は、WinGD社のエンジンテスト施設で2年間にわたる厳しいテストを経て完成しました。iCERとそれを搭載したWinGD X-DFエンジンの詳細についてはこちらをご覧ください。 www.wingd.com

 

なぜメタンガス流出に対応するのか?

IMO(国際海事機関)が2050年までに温室効果ガスの排出量を50%削減することを目標としていることから、カーボンニュートラルな燃料への移行を進める船主にとって、LNGは当然の選択肢となりつつあります。しかし、LNGは他の化石燃料に比べて燃焼時のCO2発生量が少ない一方で、ごく一部のメタンが燃焼されずにエンジンをすり抜けてしまうことがあります。メタンはCO2よりも地球温暖化係数が高いため、このわずかなメタンのすり抜けでも影響があります。地球温暖化への貢献に対する認識が高まっており、多くの船主がメタンスリップ規制の可能性を懸念しています。

 

 

PureCool with engine front.png