Alfa Laval - 給気の冷却

給気の冷却

使用条件が過酷なオンロード用・オフロード用アプリケーション向けに設計されたアルファ・ラバルのチャージエアクーラーは、ターボチャージャーを通過した後のエンジンの空気を冷却します。実績のある堅牢な設計により、このクーラーは要件が厳しい給気の冷却環境において信頼性 と性能を高めます。

Charge air 640x360

排出基準と出力密度を高めた設計のエンジンは、インテークマニホールドの温度を低くする一方で、ターボチャージャーのコンプレッサー圧力を高める必要があります。これは、圧縮空気の冷却性能に関するチャージエアクーラーの技術、堅牢性およびコンパクト化に対して、さらに厳しい要件が課せられることを意味します。アルファ・ラバルは、海洋および産業用アプリケーションに関して、さらに多様で効率的な チャージエアクーラーを提案します。

アルファ・ラバルのチャージエアクーラーは、貴社のエンジン性能のニーズに合わせた、さまざまな密度のアルミニウム製または銅製のフィン材が特徴です。このクーラーは、チューブに取り付けられた直角または円形のフィンを持つ構造で、当社の 拡管技術または画期的なラバーエンドシート技術 が用いられています。コンパクトな パッケージングの要求に応えるために、当社のエンジニアは、貴社のエンジンにチャージエアクーラーを途切れずに、またコンパクトかつ効率的に組み込むことができる一体型の筐体を提供します。