ペットフードの製造

最近のペットは、現代生活での役割がますます重要になっており、餌の品質を向上させる要望が強くなっています。そのため、従来の加工肉の代わりに、冷凍の生肉が使用されるようになってきており、乾燥ペットフードメーカーは、生肉の含有量を増やすことに重点を置いています。

ペットフード用の生肉

食肉処理による軟らかい食肉副産物または魚副産物を冷却するソリューションは、アルファ・ラバルContherm円筒かき取り式熱交換器で、これは粘度があり、べたべたする塊状の製品を冷却するために特別に設計されています。Contherm冷却装置では、製品を空気と接触させずに冷凍します。Conthermは、装置構成も十分に工夫されており、設置床面積は小さく、労働力を削減し、保守は最低限で済みます。また、要求の厳しい製品を処理する場合でも、洗浄は容易です。

 

濃縮生肉

アルファ・ラバル濃縮食肉装置は、アルファ・ラバルのよく知られた食用魚・食肉装置をベースにしており、通常は水分を50%低減することが可能です。

 

アルファ・ラバルの中核技術により、食肉処理または魚加工による生肉製品すべてに含まれる脂肪と水分量を完全制御することが可能です。アルファ・ラバルの濃縮食肉技術により、脂肪含有量のバランスを取り、水分量を低減できるようになるため、乾燥ペットフードメーカーは、製品中により多くの生肉を入れることができます。製品中の水分と脂肪の量は、原料成分で変動があっても一貫しているため、さまざまな乾燥ペットフードによるバランスのとれた給餌が容易になります。

 

このシステムは、加工業者またはペットフード加工業者が実装することが可能で、ペットフードに使用される、ほぼすべての種類の生肉に適用できます。

 

濃縮食肉システム

このシステムは、以下の3つの主な加工システムで構成されています。

  1. 原材料を粉砕し、生または冷凍の原材料を乳化する(最大粒子径3 mm)システム。
  2. アルファ・ラバルCentriflowシステム。三相デカンター式遠心機技術と、食肉固形分、スティックウォーター(肉加工時に出る高粘性廃液)、脂肪を供給する脂肪精製を使用。
  3. スティックウォーターを高機能な肉の濃縮物に濃縮するAlfaVap蒸発濃縮器。高機能な肉の濃縮物は、ペレット生産工程で結合剤 またはうま味調味料として別個に使用できます。

 

これにより、食肉タンパク質加工ですでに使用され、定評のある技術を使用して、水分を約半分にした肉の濃縮物を得ることができます。

 

さらに、装置の実施能力を高めるために、酵素消化や固形分のさらなる濃縮といったさまざまな技術を追加することができます。