Alfa Laval - 畜肉精製加工

畜肉精製加工

適切な精製プロセスを使用すると、動物由来成分を分別して、食品、飼料、工業グレードの製品に転換できます。これらの付加価値のある製品には、動物飼料と人間の食用の両方として、または、後工程の食用・非食用プロセスで使用される材料として適した油、脂かす、粗びき粉が含まれています。

Rendering 640x360

人間の食用に適さない動物由来成分にも、依然として大きな商品価値があります。こうした副産物は、業界の多くの部門や動物飼料で使用される産業用脂肪の生産に利用できます。人間の食用を目的としたものではありませんが、脂肪中の不純物を最小限に抑える厳しい規制が適用されています。

 

アルファ・ラバルは、高い商品価値を付加するために設計された動物由来成分プロセスについて広範囲かつ長年に渡る経験を有しているため、コンポーネントソリューションと湿式精製ライン一式の有力な供給業者になっています。こうした加工ラインとすべてのコンポーネントは、十分なCIP能力があるため、食用にも非食用にも適用できます。

 

アルファ・ラバルの高性能デカンター式遠心機を使用した「洗浄」技術を広範囲に使用することで、脂肪含有率が極めて低い魚、食肉、骨粉の生産が可能になります。さらに、洗浄プロセスは、骨粉中のタンパク質含有率を高め、貴重な油を回収します。

 

AlfaVap多段プレート式蒸発濃縮器は、分離した液相から溶解したタンパク質をすべて回収するのに、非常にコンパクトな上にエネルギー効率が高い方法です。

 

最終乾燥は、アルファ・ラバルのフラッシュ乾燥機または従来型のディスク乾燥機を使用して行います。