Alfa Laval - 骨の加工

骨の加工

骨は、食用の動物性脂肪とゼラチンまたは工業用脂肪、および動物飼料用の食肉と骨粉を製造する基本材料として使用されています。アルファ・ラバルCentriboneシステムは、乾式精製よりエネルギー使用量が最大で30%少ない連続湿式精製プロセスにより、未加工の動物の骨を加工する上で特に多機能で効果的な方法を提供しています。

Bones processing 640x360

アルファ・ラバルCentriboneプラントは、食肉副産物を加工する最も多機能で効率的な方法を提供します。連続湿式精製プロセスは、脂肪組織から最高の骨ゼラチン用原材料まで、どんな原材料でも扱うことができます。

 

低温プロセスは完全密閉され、それにより食用製品、ペットフード用の材料または燃料として最高品質の工業用脂肪の加工に特に適したものになります。

 

最新式のCentribone生産機器は、加工会社が最終製品の収益率が高い市場区分に移れるようにします。最高品質の最終製品を得るには、加工中の熱による影響を可能な限り低く抑えなければなりません。Centriboneシステムを使用した迅速で正確な加熱と加工の結果、卓越した色を持ち、遊離脂肪酸(FFA)の増加がなく、かつ酸化による影響が最小である高品質な脂肪を生産できるようになります。

 

Centribone技術は、ペットフードまたは人間の食用の製品を加工するために特別に設計されており、Centriboneシステムの短い加工時間により、タンパク質の栄養価と機能性が保持されます。

 

Centriboneの連続加工により、均一な品質の維持が容易になります。加工メーカーが運転の容易さという点で利益を得る一方で、顧客は品質の違いを高く評価しています。-

 

柔軟性のある生産計画

Centriboneは、起動時間と停止時間を短縮することで、生産の柔軟性と効率を向上させるだけではなく、生産スケジュールに時間の余裕をもたらします。たとえば、Centriboneプラントでは、脂肪組織と骨などの異なる原材料の加工が必要な場合、これらを連続して加工することができます。お客様が大規模事業者か小規模事業者かに関わりなく、生産性が向上します。

 

短時間加熱プロセス

粉砕された原材料は、Centribone原材料加熱器の投入口に供給され、生蒸気を直接製品に噴射することで加熱されます。この噴射は特別に最適化されたノズルで行われるので、製品へのエネルギーの移動が最速となり、最速な加熱が得られます。製品は、変速コンベヤーにより、加熱器の2つの加熱ゾーンの中を移動します。これでRMH加熱器の保持時間を5分間程度に維持できます。

 

温度と速度を慎重に二重制御することで、65°Cまで急速に加熱して、製品の酵素分解や細菌分解をなくすことができます。その後、保持時間を制御して、製品を65°Cから90°Cまで加熱します。実際の温度および時間条件は常に、加工する原材料に依存します。

 

低いエネルギー消費量

Centriboneを使用すると、乾式精製法よりエネルギー消費量が30%削減されます。この理由は、デカンター式遠心機と分離機がプロセス水の大部分を機械的に除去するためで、水分の大部分を除去する高効率の蒸発濃縮器を追加できるようになります。また、従来のプロセスとは異なり、原材料中の水分が増えるほど、Centriboneの経済性は高くなります。

 

適応性のあるスループットとレイアウト

Centriboneプラントは、3種類以上の定格スループットでさまざまな原材料を加工できます。Centriboneプラントは、論理的でコンパクトな設計のため、最小の設置スペースしか必要としません。このため、既存の建屋の中に容易に据え付けることができます。

 

追加機器

Centriboneシステムは、以下の機器を含むプラント一式として供給することが可能です。

  • 製品中の残留脂肪を約50%低減する二重デカンター式遠心機
  • 廃熱、熱的または機械的蒸気再圧縮を使用したAlfaVap蒸発濃縮プラント
  • 各種の適切な乾燥システム
  • ゲルと骨の選別機
  • 骨粉を細菌による事後汚染から保護するアルファ・ラバルKathabar湿度制御装置を搭載した骨粉冷却器
  • 粉砕機