Alfa Laval - 血液の加工

血液の加工

ほとんどの動物には回収可能な血液が3~4%あります。この血液は、多くの場合、他の臓物と共に廃棄されています。しかし、適切な機器を使用すると、この血液成分を人間の消費する製品や工業製品の原材料として使用可能です。動物の血液は、血漿と赤血球(ヘモグロビンとも呼ばれます)でできています。血漿は、人の消費する商品としての潜在力がある機能タンパク質の1つです。赤血球は通常、乾燥させた形状では食用にはなりません。

Blood processing 640x360

血漿

血液の60%を構成している血漿は、商品としての大きな潜在力がある機能タンパク質の1つです。

 

しかし、こうした食用タンパク質は、高価な製品として販売しようとする場合、最大限注意して加工しなければなりません。この加工では、赤血球を破裂させる恐れのある剪断力の影響を最小化するため、緩徐な処理が可能になるように設計しなければなりません。

血漿の加工は通常、限外濾過で行い、そこでタンパク質が精製され、塩分が除去されます。次に濃縮血漿は凍結または噴霧乾燥されます。