食肉・鶏肉製品の加工では、世界中で当社のコンポーネントとモジュールが使用されています。これらにより、血液、骨、DAF(気泡浮上分離)による浮きかす、食用脂肪、ゼラチン、動物用飼料、バイオ燃料などの収益となる副産物の効率的な回収が可能になります。

システム、モジュールまたは機器

アルファ・ラバルは、一連の加工設備から、組み立て式モジュールや専門設備の個々の品目まで幅広く豊富な生産機器を、お客様に提供しています。これらの機器は、骨、浮きかす、血液、血漿、油脂、ゼラチン、MDM、食用タンパク質成分を加工するための重要な運転パラメータの改善に貢献できます。

また、アルファ・ラバルの無比の実用的ノウハウと経験を利用することで、食肉または鶏肉加工ライン全体を拡充、改善、微調整することが可能になります。

 

新たな商機

食肉・鶏肉製品の加工では通常、さまざまな副産物と「残渣」が出ます。これらの多くは通常、商品生産物または動物飼料の成分として使用される食肉、血液、骨粉に加工されます。

 

しかし、以前は、廃棄物または低価値なものと見なされていた残渣などの材料が、それどころか、幅広い魅力的な用途と商品としての大きな潜在力を有する高価な食用タンパク質の豊富な供給源になりえるという認識が現在、世界中に広まっています。アルファ・ラバルは、この高成長分野の先駆者です。