Alfa Laval - すり身の製造

すり身の製造

魚加工では多くの「残渣」が出ますが、従来は、比較的価値が低いものと見なされてきました。通常はほとんどが、動物飼料の成分に使用される魚粉などの製品に加工されます。

Surimi processing 640x360

すり身は、そうした製品の1つで、ロブスターやカニなどの甲殻類の身の食感、粘り、色を模倣して作られた人気の魚加工食品です。

高価な製品として販売するには、最大限の注意を払って魚と甲殻類に含まれる食用タンパク質を加工しなければなりません。アルファ・ラバルは、この実現のためにAlfaPlusすり身加工ラインなどの各種の機器を提供しており、それらの機器では先進的な遠心分離技術が従来の分離方法である回転ふるいと濾過器に置き換わっています。