Alfa Laval - オキアミの製造

オキアミの製造

オキアミは、地球全体の動物種の中で最大の生物量がありますが、今現在は、現代的な商業開発が始まったばかりです。オキアミの主な商用漁獲は南極海で行われており、注意深く監視され、かつ厳格に制限された国際的な許可制度に基づいています。

Krill processing 640x360

加熱、分離および濃縮

アルファ・ラバルの機器では特に、オキアミ加工の心臓部である連続加熱、分離および濃縮作業用に対する需要があります。

ほぼすべてのタイプのアルファ・ラバル熱交換器と、二相分離用および蒸発用機器が使用されています。

 

世界的リーダー

オキアミ加工におけるアルファ・ラバルの技術の卓越性を反映して、現在、オキアミ漁に参加している漁船の大多数は、少なくとも数種類のアルファ・ラバル機器を搭載しています。

現在、世界のオキアミ漁獲量の70%以上が、アルファ・ラバルの技術を使用して加工されています。

 

船上での信頼性

オキアミの加工はすべて、オキアミを獲った漁船の上で、オキアミが新鮮なうちに行わなければなりません。

このため、漁、鮮魚処理および船上包装という作業の流れ全体に、並外れた頑丈さと高い信頼性を有する機器が必要になります。どこかが故障したとしても、漁船は港から数千キロも離れているのです。

 

このため、アルファ・ラバルの機器を使用する重要な利点は、十分に統合された構成、並外れた耐久性を持つ設計、立証済みの高い信頼性にあります。このことが、あなたが頼りになると知っているオキアミ加工設備に結実しています。