Alfa Laval - 魚サイレージの製造

魚サイレージの製造

魚粉工場がない場所では、魚のあらをもっと活用することができます。それらは、捨てるのではなく、魚サイレージに加工することができるのです。魚サイレージは通常、タンパク質を約15%含有しており、動物飼料で魚粉と同様に使用されています。また、食品業界で使用するために、その後、油、灰、タンパク質の成分に分離することも可能です。

Fish silage processing 640x360

これらの酵素は、魚肉タンパクを小さい溶解性単位に分解します。酸は、これらのタンパク質の活性化を促進させ、同時に、サイレージが細菌の作用で損なわれるのを防止します。

 

長期保存

適切な酸性度の魚サイレージは通常、室温で2年以上保存することができます。保存中に、タンパク質の溶解性が上がり、魚油中の遊離脂肪酸の量が増加しますが、こうした変化は通常、栄養面では重要ではありません。