Alfa Laval - バイオ燃料用油脂の製造

バイオ燃料用油脂の製造

世界で生産される油脂の約3分の2だけが、人間の食用または動物の飼料に適すると見なされています。残りの油脂は、焼却して直接エネルギーを作るために、または、バイオ燃料やオレオケミカルの原材料として使用できます。状況によっては、この燃料は化石燃料の有益な代替品と見なされます。

Fat and oil for biofuel processing 640x360

個々の要求への適合

アルファ・ラバルの技術は、適した油脂の各種バイオ燃料への加工の実用化を普及するのに貢献しています。

 

アルファ・ラバルの前処理ラインは、食用油の供給原料とバイオ燃料成分の加工に合わせて構成することもできます。前処理プロセスには以下の4つの代替法があります。

  • 水蒸気蒸留(ストリッピング)
  • 遊離脂肪酸を除去するためのアルカリ中和
  • 上記の除去が不要な場合の酵素によるゴム質除去
  • 高度グリセロール処理(advanced glycerol treatment: AGT)

当社は、お客様ごとの個々のプロセスと要求に対処するために必要かつ的確な設備と機器の組み合わせを提供しています。

バイオディーゼルおよびオレオケミカル用のすぐに稼働可能なプラント

アルファ・ラバルの加工ラインは、広範な植物または動物由来の油をベースとした、ASTM6751またはEN14214準拠のバイオディーゼルを生産するための、すぐに使える(ターンキー)システム一式です。

 

多用途のモジュール式バイオディーゼルプラントは、化石燃料ベースのディーゼルをバイオディーゼル燃料に置き換えるために広く使用されています。前処理プロセスは、遊離脂肪酸(FFA)含有量を低減するためにも、オレオケミカルを生産するためにも使用できます。

グリセロールによる前処理(AGT)

バイオディーゼルメーカー、食肉加工メーカー、廃食用油(used cooking oil: UCO)回収会社はすべて、前処理に高度グリセロール処理(AGT)設備を追加することで利益を得ることができます。 

費用効果とエネルギー効率が高いAGTプロセスは、FFA含有率が高く低価格の副産物を、FFA含有率が低いストレート植物油(straight vegetable oil: SVO)、重油(heavy fuel oil: HFO)またはオレオケミカルに転換します。

エステル交換

アルファ・ラバルは、食用油脂、または油脂およびグリース(fats, oils and grease: FOG)をベースとした低コストの非食用供給原料を使用できる、さまざまなタイプのバイオディーゼルプラントを提供しています。

  • 連続バイオディーゼル加工用の「バージンオイル」エステル交換
  • バイオディーゼルのバッチ加工ライン用の「複数供給原料」技術