Alfa Laval - トマトの製造

トマトの製造

トマトは、非常に多く食品に使用されており、加工方法は多種多様です。アルファ・ラバルでは、トマトの加工に必要な多用途性はもちろん最高の衛生基準を特徴とする加工機器をご用意しています。

Tomato 640x360

粘度、風味、色

Foodecデカンター式遠心分離技術を用いて、果汁やピュレ、ペーストを生産することができます。それらの粘度、かび問題、熱による影響を効果的に管理して、製品の自然の風味と口当たりを高めることができます。   

 

アルファ・ラバルの技術は、生の果汁、ピューレ、ペーストを濃縮・殺菌する熱処理機器を含め、自然の色の保持にも貢献しています。自然の色は、顧客満足度と、それにより生じる収益を最大化するために不可欠なものです。

 

多様性の重要さ

アルファ・ラバルの広範囲にわたる特殊専門加工機器は、製品の品質と商品性と同時にトマト加工設備の効率と多機能性を高めます。

 

当社では、小規模な複数の種類の果物加工工場から、高度に専門化された果汁・ピュレおよびペースト工場まで、あらゆる施設に理想的な機器を提供いたします。