Alfa Laval - プロセスの熱機器

プロセスの熱機器

コジェネレーション用途は、熱回収を存分に活用する一番の好機であり、プラントの全体効率が最大で90%まで、場合によってはそれ以上となります。燃料消費量と排出量が削減されることによる恩恵として、この種の排気ガス熱回収システム全体の投資回収期間は極めて短く、多くの場合には年単位ではなく月単位の長さとなります。

HeatGeneration640x360 large

プロセスに使用する蒸気や温水

アルファ・ラバルAalborg AV-6Nは、伝熱面が大きく、堅牢で高効率な水管ボイラーです。コンパクトで柔軟性の高い設計により設置が容易となっているこのボイラーは、CHP用途に理想的に対応しており、1つの共通筐体構造の中に複数の異なる圧力段、伝熱回路の組込みが可能となっています。さまざまな圧力レベルの蒸気または温水、もしくはその両方に対応した排熱回収設計が可能となっています。

効率的な蒸気生成

アルファ・ラバルAalborg AV-6Nは、全面的な熱回収に最適です。長期間にわたり性能を最大化する動作中の高効率洗浄を特徴としており、エンジン停止する必要性を最小限として、プラントの可用度を向上させます。標準的な蒸気システムの構成には自然循環が用いられており、信頼性と安全性とエネルギー効率が向上しています。

信頼性の高い水加熱

温水加熱用の排熱の活用には、その用途に応じて、アルファ・ラバルAalborg AV-6NAV-6H(垂直設計/水平設計)またはアルファ・ラバル Aalborg HW排気ガス熱回収ユニットが利用可能です。

アルファ・ラバルAalborg AV-6Hは、コンパクト設計と運転重量の小ささが好まれる水加熱用途向けに開発されており、エンジンの上や動力室の2階への設置に理想的です。