Alfa Laval - 燃料油コンディショニング装置

燃料油コンディショニング装置

燃料調整とは、エンジンメーカーの指定による清浄度、圧力、温度、粘度、流量に適合させるために、ブースターシステムで行う燃料油の処理のことです。これらのパラメーターはエンジンの燃焼性能にとって非常に重要であるため、それを守ることは、エネルギー効率と排気ガス削減のどちらにとっても重要な部分となっています。

Engine-Fuel-Conditioning-640x360

あらゆるブースターのニーズに応えるワンソリューション

アルファ・ラバルFCM Oneブースターシステムは、今日の一層多様な燃料と関連のある、複雑な安全性と性能の問題に対応しています。このシステムは、元となったアルファ・ラバル燃料調整モジュールの長所を、完全に新たなレベルの柔軟性と組み合わせています。FCM Oneを際立たせているものは、同じ制御装置で駆動される同一モジュールの中にすべての機能を統合したことです。このシステムは、コンポーネントの効率の高さだけではなく、エネルギー消費量をさらに削減するためのオプションも提供しています。これによって、このシステムは、適当性と効率性が一層高い燃料配管に近づく重要なステップとなります。