Alfa Laval - 排出ガス削減

排出ガス削減

エンジンから排出される排気ガスを対象とした各地域と世界レベルの規制は、近年、一層厳しさを増しています。発電プラントに影響を及ぼすものの中には、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)や微粒子の排出量を制限する規制があります。

Emission abatement 640x360

排出規制への適合

排出量の中には、エンジン自体で低減可能なものもあります。たとえばNOxの生成は、燃焼プロセスを最適化することで制限できます。ただし、その他の排出量は解決がそれ以上に難しい場合があります。    

その一例として、SOx排出量は燃料に含まれる硫黄量の直接的な結果です。低硫黄燃料への切り換えを選べない場合には、アルファ・ラバルPureSOxなどのスクラバーを使用するのが、SOx排出量を制御する唯一のソリューションとなります。

同様に、燃焼の最適化であらゆる微粒子の排出が解消できるわけではありません。たとえば、クランクケースガス排出量は、改善が必要として注目が集まっている領域です。アルファ・ラバルPureVentは、大容量設備のクランクケースガスの浄化に根本的に新しい手法を採用しており、99.9%もの高い浄化効率を達成しています。