テスト

スピンテスト

分離性が全く不明なものやサンプル作りが困難なものについて、500ml程度のサンプルをお送りいただき、遠心沈降器(佐久間製作所 M200-IVD、最高遠心力:15000G)による試験管テストの結果から貴社プロセスに適した機種の選定を行います。本機は加熱冷却が可能な遠心沈降器で、サンプル液をより実際に近い温度でテストできますので試験結果の信頼性が高くなります。

また、貴社でスピンテストを既に実施されている場合、結果を記入いただければ貴社サンプルの遠心分離可能性を判定致します。さらに、ディスク型遠心分離機UXタイプの適用性を判断するペントメータテストも承っております。

 

ラボテスト

テスト機の仕様と各機種で必要なサンプル量につきましては、右記「湘南ラボのご案内」をご覧ください。

不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

ラボ備品

蒸気コイル加熱式200L攪拌機付タンク、サーモオイルジャケット加熱式50L攪拌機付タンク、5-2000L/H可変定量ポンプ(ロータリー、モーノ)、電磁流量計、110℃恒温槽(TS測定用)、濁度計(測定単位:NTU)、台秤、精密天秤、吸引ろ過器、デシケータ、糖度計、pHメータ、ケット水分計、ステンレスバケツ、ポリバケツ、ビーカー、メスシリンダー、250ml・500mlポリ瓶、25mlガラス瓶、業務用冷蔵庫(20Lポリタンク2本保存可能)

 

テストの判定

テスト後のサンプルを返送して、貴社にてご判断頂くこととなります。

なお、遠心分離の清澄性の相対比較用に、NTU単位による濁度測定、固-液分離におけるTS(トータルソリッド:%)、SS(浮遊固形分:mg/L)測定は弊ラボにて実施致します。

 

お願い

サンプルのご発送前に、引火性、毒性、揮発性、腐敗性などの物性および取り扱い注意事項をできるだけ詳細にご連絡下さいますようお願い致します。特に、危険物に関しては、労働基準監督署よりMSDSを入手をするよう指導を受けており、必ず発送サンプルにMSDSの添付をお願い致します。