Marine

Air lubrication offers improved fleet economy and sustainability by reducing friction as vessels move through the water. Yet traditional air lubrication technology has failed to produce the promised results. That changes with fluidic air lubrication, a patented solution from Alfa Laval. The integration of fluidics – the control of fluid pressure and flow by means of precisely shaped channels, without any moving parts – enables reliable propulsion power savings of up to 12%.

Alfa Laval OceanGlide fluidic air lubrication system

A smooth path to energy savings

  • Fluidic technology produces an even, dynamic air layer with few compressors
  • Propulsion power savings of up to 12% lead to lower fuel consumption, reduced CO2 and improved EEDI, EEXI and CII

流体力学が届ける空気潤滑

空気潤滑の考え方はシンプルで、注入された空気層によって船体と周囲の水との間の摩擦を減らすことです。抵抗が減るということは、必要な燃料が減るということであり、その分コストも削減し、大気中に排出されるCO2も減らすことができます。さらには、船上騒音の低減というメリットもあります。

アイデアはとてもシンプルですが、空気潤滑を実際に実現することは簡単ではありません。歴史的に、空気潤滑システムは船舶の大がかりな改造を必要とし、あまりメリットがありませんでした。アルファ・ラバルOceanGlideは、流体工学をソリューションに統合することで、この方程式に変革をもたらします。

なぜ流体技術が違いを生み出すのか?

流体工学とは、精密な形状の流路によって流体の圧力と流れを制御することであり、可動部品は一切ありません。空気潤滑と流体技術を組み合わせることで、OceanGlideは空気層をよりスマートに作り、最適化することができます。

  1. 非常に細かく均一な気泡(ほとんど瞬時に合体)は、流体発振器によって非常に高い効率で生成され、コンプレッサーの必要量を削減します。
  2. 船の平らな底全体に均一な空気層が生成されるため、船全体が抗力低減の恩恵を受けることができます。
  3. 空気層が最適化されるように、各空気層は独立して制御できます。

 

流体技術の力で、OceanGlideは毎秒240,000個の気泡を発生させ、平らな船底面積全体をカバーします。

流体空気潤滑は何を実現できるのか?

流体空気潤滑によって形成された空気層が、船体と周囲の水との摩擦を50~75%低減します。アルファ・ラバルOceanGlideは、実証済みの信頼性の高い燃料節減を最大12%実現し、CO2排出量を削減し、EEDI、EEXI、CIIを大幅に改善します。このソリューションは迅速かつ簡単に設置でき、シーチェストや大きな船体貫通部を必要とせず、コンプレッサーも1台で済みます。

Fluidic air lubrication Tharsis